XcmsCIELuvQueryMaxC






XcmsCIELuvQueryMaxC, XcmsCIELuvQueryMaxL, XcmsCIELuvQueryMaxLC,
XcmsCIELuvQueryMinL − CIE L*u*v* 座標を取得する

Status XcmsCIELuvQueryMaxC(ccc, hue_angle, L_star, color_return)
      XcmsCCC ccc;
      XcmsFloat hue_angle;
      XcmsFloat L_star;
      XcmsColor *color_return;

Status XcmsCIELuvQueryMaxL(ccc, hue_angle, chroma, color_return)
      XcmsCCC ccc;
      XcmsFloat hue_angle;
      XcmsFloat chroma;
      XcmsColor *color_return;

Status XcmsCIELuvQueryMaxLC(ccc, hue_angle, color_return)
      XcmsCCC ccc;
      XcmsFloat hue_angle;
      XcmsColor *color_return;

Status XcmsCIELuvQueryMinL(ccc, hue_angle, chroma, color_return)
      XcmsCCC ccc;
      XcmsFloat hue_angle;
      XcmsFloat chroma;
      XcmsColor *color_return;



ccc       CCC を指定する。 CCC のクライアント白色点と白色点調整の手続きは無視される。

chroma    最大の明度(MaxL)または最小の明度(MinL)を見つける彩度を指定する。

color_return
          与えられた最大の彩度(MaxC と MaxLC), 最大の明度(MaxL)または最小の明度
          (minL)に対して、スクリーンで表示可能な色相角と明度(MaxC), 色相角と彩度 (MaxL と MinL)または色相角(MaxLC)の
          CIE L*u*v* 座標が返される。 返された表色に対応する白色点は、スクリーンの白色点である。 pixel
          メンバに返される値は、未定義である。

hue_angle 最大の彩度(MaxC と MaxL), 最大の明度(MaxL)または最小の明度(MinL)を見つ ける色相角(弧度)を指定する。

L_star    最大の彩度(MaxC)または最大の明度(MaxL)を見つける明度を指定する。

関数 XcmsCIELuvQueryMaxC は、与えられた色相角と明度を使って、スクリーンで表示可能な彩度が最大の 点を求める。 この点は CIE
L*u*v* 座標で返される。

関数 XcmsCIELuvQueryMaxL は、与えられた色相角と彩度を使って、スクリーンで表示可能な CIE L*u*v*
色空間内での明度(L*)が最大の点を求める。 この点は CIE L*u*v* 座標で返される。 返り値 XcmsFailure
は通常、与えられた彩度が与えられた色相角に対する最大値を超えたことを示 す。

関数 XcmsCIELuvQueryMaxLC は、与えられた色相角を使って、スクリーンで表示可能な彩度が最大の点を求 める。 この点は CIE L*u*v*
座標で返される。

関数 XcmsCIELuvQueryMinL は、与えられた色相角と彩度を使って、スクリーンで表示可能な明度(L*)が最 小の点を求める。 この点は CIE
L*u*v* 座標で返される。 返り値 XcmsFailure は通常、与えられた彩度が与えられた色相角に対する最大値を超えたことを示 す。









                                       ‐2‐


XcmsCIELabQueryMaxC(3X11), XcmsTekHVCQueryMaxC(3X11), XcmsQueryBlack(3X11)
Xlib − C Language X Interface