XcmsQueryBlack






XcmsQueryBlack, XcmsQueryBlue, XcmsQueryGreen, XcmsQueryRed, XcmsQueryWhite −
黒、青、緑、赤、白の CCC 表色を取得する

Status XcmsQueryBlack(ccc, target_format, color_return)
      XcmsCCC ccc;
      XcmsColorFormat target_format;
      XcmsColor *color_return;

Status XcmsQueryBlue(ccc, target_format, color_return)
      XcmsCCC ccc;
      XcmsColorFormat target_format;
      XcmsColor *color_return;

Status XcmsQueryGreen(ccc, target_format, color_return)
      XcmsCCC ccc;
      XcmsColorFormat target_format;
      XcmsColor *color_return;

Status XcmsQueryRed(ccc, target_format, color_return)
      XcmsCCC ccc;
      XcmsColorFormat target_format;
      XcmsColor *color_return;

Status XcmsQueryWhite(ccc, target_format, color_return)
      XcmsCCC ccc;
      XcmsColorFormat target_format;
      XcmsColor *color_return;



ccc       CCC を指定する。 CCC のクライアント白色点と白色点調整手続きは無視される点に注意すること。

color_return
          指定した目的フォーマットの表色が返される。 返された表色に対応する白色点が、スクリーン白色点である。 pixel
          メンバに返される値は未定義である。

target_format
          目的の表色フォーマットを指定する。

関数 XcmsQueryBlack は、R, G, B の強度が 0 の色について、指定した目的フォーマットの表色を 返す。

関数 XcmsQueryBlue は、B の強度が最大で、R, G の強度が 0 の色について、指定した 目的フォーマットの表色を返す。

関数 XcmsQueryGreen は、G の強度が最大で、R, B の強度が 0 の色について、指定した 目的フォーマットの表色を返す。

関数 XcmsQueryRed は、R の強度が最大で、G, B の強度が 0 の色について、指定した 目的フォーマットの表色を返す。

関数 XcmsQueryWhite は、R, G, B の強度が最大の色について、指定した目的フォーマットの表色を 返す。

XcmsCIELabQueryMaxC(3X11), XcmsCIELuvQueryMaxC(3X11), XcmsTekHVCQueryMaxC(3X11)
Xlib − C Language X Interface