_syscall

_SYSCALL(2)                 Linux Programmer's Manual                _SYSCALL(2)



名前
       _syscall - ライブラリのサポートなしでシステムコールを起動する (昔の方法)

書式
       #include <linux/unistd.h>

       A _syscall macro

       desired system call

説明
       システムコールに関してそのプロトタイプを知ることが重要である。 引き数の個数、それらの型、返り値の型を知る必要がある。
       実際の使用にあたっては、システムコールをシステムに呼び出しやすくするために、 7 個のマクロが用意されている。これらのマクロは以下の形である。

              _syscallX(type,name,type1,arg1,type2,arg2,...)

       ここで

              X は 0〜6 で、システムコールが取る引き数の個数である。

              type はシステムコールの返り値の型である。

              name はシステムコールの名前である。

              typeN は N 番目の引き数の型である。

              argN は N 番目の引き数の名前である。

       これらのマクロは、指定した引き数を持つ name という名前の関数を生成する。 一度ソースファイルの中で _syscall()
       をインクルードしておくと、 そのシステムコールを name という名前で呼ぶことができる。

ファイル
       /usr/include/linux/unistd.h

準拠
       これらのマクロは Linux 固有であり、その使用は非推奨である。

注意
       カーネル 2.6.18 あたりから、_syscall マクロ群はユーザー空間に対して提供される ヘッダーファイルから削除された。代わりに
       syscall(2)  を使用すること。 (いくつかのアーキテクチャー、特に ia64、では、これまで _syscall マクロが
       提供されたことはない。このようなアーキテクチャーでは、常に syscall(2)  が必要であった。)

       _syscall() マクロはプロトタイプを「生成しない」。 ユーザーはプロトタイプを自分で書かなければならないかもしれない。 とりわけ C++
       ユーザーの場合はそうであろう。

       システムコールは、正のエラーコードのみ、または負のエラーコードのみを返すように
       定められている訳ではない。そのシステムコールがどのようなエラーコードを返すかを
       確認するには、そのソースコードを読む必要がある。たいていの場合は、標準のエラー コードを負にしたものである (例えば -EPERM)。
       _syscall() マクロは、そのシステムコールの返り値 r が負でない場合、その値 をそのまま返す。一方、r が負の場合には、変数 errno
       に -r を設定し、-1 を返す。 エラーコードについては errno(3)  を参照。

       システムコールを定義する際、引き数の型は値渡し (by-value) か、 (構造体のように集合的なデータの場合は) ポインター渡し
       (by-pointer)  でなければならない。


       #include <stdio.h>
       #include <stdlib.h>
       #include <errno.h>
       #include <linux/unistd.h>       /* for _syscallX macros/related stuff */
       #include <linux/kernel.h>       /* for struct sysinfo */

       _syscall1(int, sysinfo, struct sysinfo *, info);

       /* Note: nroff のソースファイルから直接コピーする際には、
       printf 文内の余分なバックスラッシュを忘れずに削除するように。 */

       int
       main(void)
       {
           struct sysinfo s_info;
           int error;

           error = sysinfo(&s_info);
           printf("code error = %d\n", error);
           printf("Uptime = %lds\nLoad: 1 min %lu / 5 min %lu / 15 min %lu\n"
                  "RAM: total %lu / free %lu / shared %lu\n"
                  "Memory in buffers = %lu\nSwap: total %lu / free %lu\n"
                  "Number of processes = %d\n",
                  s_info.uptime, s_info.loads[0],
                  s_info.loads[1], s_info.loads[2],
                  s_info.totalram, s_info.freeram,
                  s_info.sharedram, s_info.bufferram,
                  s_info.totalswap, s_info.freeswap,
                  s_info.procs);
           exit(EXIT_SUCCESS);
       }

   出力例
       code error = 0
       uptime = 502034s
       Load: 1 min 13376 / 5 min 5504 / 15 min 1152
       RAM: total 15343616 / free 827392 / shared 8237056
       Memory in buffers = 5066752
       Swap: total 27881472 / free 24698880
       Number of processes = 40

関連項目
       intro(2), syscall(2), errno(3)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



Linux                              2007-12-19                        _SYSCALL(2)