abort

ABORT(3)                    Linux Programmer's Manual                   ABORT(3)



名前
       abort - プログラムの異常終了を生じさせる

書式
       #include <stdlib.h>

       void abort(void);

説明
       abort() 関数は、 SIGABRTシグナルを捕獲(catch)されておりシグナル・ハンドラーが返って 来ない場合を除いて、
       プログラムの異常終了を引き起こす。 abort() 関数によってプログラムの終了が引き起こされたときには、
       すべての開いているストリームは閉じられフラッシュされる。

       このSIGABRTの機能が禁止または無視に設定されている 場合は、abort()関数はそれを書き換える。

返り値
       abort()関数は、何も返さない。

準拠
       SVID 3, POSIX, BSD 4.3, ISO 9899

関連項目
       sigaction(2), exit(3)



GNU                              April 12, 1993                         ABORT(3)