asprintf

ASPRINTF(3)                 Linux Programmer's Manual                ASPRINTF(3)



名前
       asprintf, vasprintf - 文字列を割り当ててそれに出力する

書式
       #define _GNU_SOURCE /* feature_test_macros(7) 参照 */
       #include <stdio.h>

       int asprintf(char **strp, const char *fmt, ...);

       int vasprintf(char **strp, const char *fmt, va_list ap);

説明
       asprintf()  関数と vasprintf()  関数とは、それぞれ sprintf(3)  関数と vsprintf(3)
       関数とに似ているが、 出力文字列を (終端のヌルバイト ('\0') も含めて) 保持するのに十分な大きさのメモリーを確保し、
       最初の引数にその文字列へのポインターを返す。 このポインターは、不要になったら free(3) に渡し、割り当てられた記憶領域を解放すべきである。

返り値
       成功すると、これらの関数は出力されたバイト数を (sprintf(3)  のように) 返す。 メモリーの割り当てができなかったり、
       その他エラーが生じると、 これらの関数は -1 を返し、 strp の内容は未定義となる。

準拠
       これらの関数は GNU の拡張であり、C や POSIX のものではない。 これらは *BSD でも利用できる。 FreeBSD
       の実装では、エラーの際には strp を NULL にセットする。

関連項目
       free(3), malloc(3), printf(3)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



GNU                                2013-06-21                        ASPRINTF(3)