binuptime

名称
     binuptime, getbinuptime, microuptime, getmicrouptime, nanouptime,
     getnanouptime — 起動からの経過時間の取得

書式
     <sys/time.h> void binuptime(struct bintime *bt) void getbinuptime(struct
     bintime *bt) void microuptime(struct timeval *tv) void
     getmicrouptime(struct timeval *tv) void nanouptime(struct timespec *ts)
     void getnanouptime(struct timespec *tsp)

解説
     binuptime() および getbinuptime() 関数は、 bt によって指定されたアドレスに、 bintime
     構造体として、起動からの経過時間を保存します。 microuptime() および getmicrouptime()
     関数は、同等の機能を果たしますが、代りに timeval 構造体として経過時間を記録します。 同様に、 nanouptime() および
     getnanouptime() 関数は、 timespec 構造体として経過時間を保存します。

     binuptime(), microuptime(), nanouptime() は、常に可能な限り正確な現在時刻を返す時刻カウンタを請求します。
     それに反して、 getbinuptime(), getmicrouptime(), getnanouptime()
     関数は、正確ではないが高速に得られる時刻を返す抽象化です。

     getbinuptime(), getmicrouptime(), getnanouptime()
     関数の意図は、タイマの正確さ対実行時間のユーザの好みを強化することです。

関連項目
     bintime(9), getbintime(9), getmicrotime(9), getnanotime(9), microtime(9),
     nanotime(9), tvtohz(9)

作者
     このマニュアルページは Kelly Yancey <kbyanc@posi.net> が書きました。