bzero

BZERO(3)                    Linux Programmer's Manual                   BZERO(3)



名前
       bzero - 値 0 のバイトで埋める

書式
       #include <strings.h>

       void bzero(void *s, size_t n);

説明
       bzero()  関数は バイト列 s から始まる領域の先頭 n バイトを 数値ゼロ (値が '\0' のバイト) で埋める。

返り値
       なし。

属性
   マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
       bzero() 関数はスレッドセーフである。

準拠
       4.3BSD.  この関数は廃止予定である (POSIX.1-2001 では 過去の名残 (LEGACY) とされている)。新しいプログラムでは
       memset(3)  を使用すべきである。 POSIX.1-2008 では bzero()  の仕様が削除されている。

関連項目
       memset(3), swab(3)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



Linux                              2013-10-22                           BZERO(3)