cp

CP(1L)                                                                    CP(1L)



名前
       cp - ファイルをコピーする。

書式
       cp [options] source dest
       cp [options] source... directory
       Options:
       [-abdfilprsuvxPR] [-S backup-suffix] [-V {numbered,existing,simple}]
       [--backup] [--no-dereference] [--force] [--interactive] [--one-file-
       system] [--preserve] [--recursive] [--update] [--verbose]
       [--suffix=backup-suffix] [--version-control={numbered,existing,simple}]
       [--archive] [--parents] [--link] [--symbolic-link] [--help] [--version]

説明
       このマニュアルページは GNU バージョンの cp について書いている。最後の引数がすでに存在するディレクトリならば、 cp
       はそのディレクトリに指定したファイルを同じ名前でコピーする。 しかし2つのファイルを指定した場合は、最初のファイルを2つ目の
       ファイルに上書きする。2つ以上のファイルを指定したのに、最後の引数 がディレクトリでないとエラーとなる。デフォルトではディレクトリの
       コピーはしない。

   オプション
       -a, --archive
              元のファイルの校正とアトリビュートをなるべく保ったまま保存する。 -dpR と同じ。

       -b, --backup
              上書きされたり、削除されることになるファイルのバックアップを作る。

       -d, --no-dereference
              シンボリックリンクをコピーするときは、シンボリックリンクが指している
              ファイルをコピーするのでなく、シンボリック自体をコピーする。また、
              ハードリンクされたもの同士をコピーする場合は、それら同士はコピー先 でもハードリンクされたままになる。

       -f, --force
              コピー先のファイルがあればそれを削除してコピーする。

       -i, --interactive
              上書きされるファイルがあれば可否を問い合わせてくる。

       -l, --link
              コピーのかわりにハードリンクを作る(ただしディレクトリ以外)

       -P, --parents
              指定されたコピー元のディレクトリを付けてコピーする。 最後の引数はすでに存在するディレクトリでなければならない。 たとえば、 `cp
              --parents a/b/c existing_dir' というコマンドは a/b/c というファイルを
              existing_dir/a/b/c というファイルに(間のディレクトリもなければ作って)コピーする。

       -p, --preserve
              元ファイルのオーナー、グループ、パーミッション、タイムスタンプを保持する。

       -r     ディレクトリを再帰的にコピーするが、その際、ディレクトリ以外は 全てファイルとしてコピーされる。

       -s, --symbolic-link
              ディレクトリ以外のファイルをコピーするかわりにシンボリック リンクを作る。シンボリックリンクファイルをカレントディレクトリ
              に作る場合を除き、コピー元ファイル名は絶対パス( '/'で始める ) でなければならない。このオプションを付けるとシンボリックリンク
              をサポートしていないシステムではエラーメッセージを出す。

       -u, --update
              すでに存在するコピー先ファイル(ディレクトリを除く)のタイムスタンプ が同じか新しいときはコピーしない。

       -v, --verbose
              コピーするまえにそのファイル名を表示する。

       -x, --one-file-system
              コピーする際、違うファイルシステムのサブディレクトリはコピーしない。

       -R, --recursive
              ディレクトリを再帰的にコピーする。

       --help 標準出力に使い方を表示する。

       --version
              標準出力にバージョン情報を表示する。

       -S, --suffix backup-suffix
              バックアップファイルを作る際の添字は環境変数 SIMPLE_BACKUP_SUFFIX
              を参照するが、このオプションで指定したものが優先する。 どちらもない時は Emacs のように '~' となる。

       -V, --version-control {numbered,existing,simple}
              バックアップ方法は環境変数 VERSION_CONTROL を参照するが、このオプションで指定したものが優先する。
              VERSION_CONTROL 、このオプションともになければ、デフォルトのバックアップ方法は
               `existing' である。環境変数 VERSION_CONTROL の中身とこのオプションの引数は、GNU Emacs の
              `version-control' に 似ている(あちらのほうがより細かく設定できることに気づくだろう)。
              使える値は以下(区別がつけば省略形が使える):

              `t' or `numbered'
                     常に(添字に)数字を使ってバックアップを作る。

              `nil' or `existing'
                     すでに(添字に)数字を使ったバックアップファイルがあれば 数字を使ってバックアップファイルを作る。それ以外のときは、
                     単純な(きまった添字の)バックアップを作る。

              `never' or `simple'
                     常に単純な(きまった添字の)バックアップを作る。


訳注
       以下にディレクトリのコピー例を添付する。
       <<testdir に各種の file を作り、cp を各種 option 付きで実行した結果>>
       (左から、パーミッション、ハードリンクの数、ファイル名)
       ---------------- begin ----------------------
       testdir:
          drwxr-xr-x   2 directory/
          -rw-r--r--   2 file
          -rw-r--r--   2 hardlinkfile
          prw-r--r--   2 hardlinkpipe|
          prw-r--r--   2 pipe|
          lrwxrwxrwx   2 symlinkfile -> file
          lrwxrwxrwx   1 symlinkpipe -> pipe|

       testdir-R:
          drwxr-xr-x   2 directory/
          -rw-r--r--   1 file
          -rw-r--r--   1 hardlinkfile
          prw-r--r--   1 hardlinkpipe|
          prw-r--r--   1 pipe|
          -rw-r--r--   1 symlinkfile
          prw-r--r--   1 symlinkpipe|

       testdir-a:
          drwxr-xr-x   2 directory/
          -rw-r--r--   2 file
          -rw-r--r--   2 hardlinkfile
          prw-r--r--   2 hardlinkpipe|
          prw-r--r--   2 pipe|
          lrwxrwxrwx   1 symlinkfile -> file
          lrwxrwxrwx   1 symlinkpipe -> pipe|

       testdir-dR:
          drwxr-xr-x   2 directory/
          -rw-r--r--   2 file
          -rw-r--r--   2 hardlinkfile
          prw-r--r--   2 hardlinkpipe|
          prw-r--r--   2 pipe|
          lrwxrwxrwx   1 symlinkfile -> file
          lrwxrwxrwx   1 symlinkpipe -> pipe|

       testdir-dr:
          drwxr-xr-x   2 directory/
          -rw-r--r--   2 file
          -rw-r--r--   2 hardlinkfile
          -rw-r--r--   2 hardlinkpipe
          -rw-r--r--   2 pipe
          lrwxrwxrwx   1 symlinkfile -> file
          lrwxrwxrwx   1 symlinkpipe -> pipe

       testdir-r:
          drwxr-xr-x   2 directory/
          -rw-r--r--   1 file
          -rw-r--r--   1 hardlinkfile
          -rw-r--r--   1 hardlinkpipe
          -rw-r--r--   1 pipe
          -rw-r--r--   1 symlinkfile
          -rw-r--r--   1 symlinkpipe
       ----------------- end ------------------------



FSF                            GNU File Utilities                         CP(1L)