crontab

CRONTAB(1)                   General Commands Manual                  CRONTAB(1)



名前
       crontab - 各ユーザーのための crontab ファイルを管理する (V3)

書式
       crontab [ -u user ] file
       crontab [ -u user ] { -l | -r | -e }

説明
       crontab は、Vixie Cron パッケージの cron(8) デーモンの運用に使われるテーブルをインストール・アンインストール・
       表示するためのプログラムである。 ユーザーはそれぞれ自分用の crontab を保有できる。 これらは /var 以下に置かれるが、
       直接には編集できないようにしてある。

       allow ファイルが存在する場合、ユーザーがこのコマンドを使用するには、 そのファイル中に(そのユーザーが)リストアップされている必要がある。
       allow ファイルは存在せずに deny ファイルが存在する場合、ユーザーがこのコマンドを使用するには、 deny
       ファイル中にリストアップされて いない 必要がある。 いずれのファイルも存在しない場合、スーパーユーザーのみがこのコマンドを
       使えるか、あるいはすべてのユーザーがこのコマンドを使えることになり、 そのいずれであるかはサイトに依存した設定パラメータによって決まる。

       -u オプションでは、対象となる crontab の所有者名を指定する。 このオプションが与えられていない場合、 crontab は "あなたの"
       crontab 、すなわちコマンドを実行している人の crontab を 調べる。 なお、 su(8) を使っていると crontab
       を混同しかねないため、 su(8) 内部での実行中は、安全のため常に -u オプションを使うべきである。

       このコマンドの 1 つ目の書式は、 新しい crontab を(何らかの名前の付けられた)ファイル、 もしくは標準入力(疑似ファイル名 ``-''
       が与えられた場合)から インストールするために使われる。

       -l オプションは、現在の crontab を標準出力へ表示させる。

       -r オプションは、現在の crontab を削除する。

       -e オプションは、環境変数 VISUAL もしくは EDITOR で指定されている エディターを使って、現在の crontab
       を編集するのに使われる。 編集終了後、変更された crontab は自動的にインストールされる。

関連項目
       crontab(5), cron(8)

ファイル
       /var/cron/allow
       /var/cron/deny

準拠
       crontab コマンドは、IEEE Std1003.2-1992 (``POSIX'') に準拠している。 この新しいコマンドのシンタックスは、
       Vixie Cron の前のバージョンと異なっている (古典的な SVR3 シンタックスとも異なる)。


返り値
       正しくないコマンドラインでこのコマンドを実行すると、 多少の情報を含む利用法のメッセージが表示される。

著者
       Paul Vixie <paul@vix.com>






4th Berkeley Distribution       29 December 1993                      CRONTAB(1)