errno

ERRNO(3)                        Library functions                       ERRNO(3)



名前
       errno - 最後に発生したエラーの番号

書式
       #include <errno.h>

       extern int errno;

説明
       整数 errno は、失敗した原因を示すためにシステムコール(及びいくつかの ライブラリ関数)によってセットされる。
       この値は呼び出しがエラー(通常 -1)を返した時にのみ意味を持つが、 ライブラリ関数が成功した場合も errno を変更することが許されている。

       時には、-1 もまた正当な返り値である場合、エラーを検出するために 呼び出しの前に errno を 0 にする必要がある。

       POSIX には以下のエラー名シンボルが記述されている。


       E2BIG  引数リストが長すぎる

       EACCES 権限がない

       EAGAIN リソースが一時的に利用不可

       EBADF  ファイルディスクリプタが不正

       EBUSY  リソースが使用中

       ECHILD 子プロセスが無い

       EDEADLK
              リソースがデッドロックにより拒否された

       EDOM   ドメインエラー

       EEXIST ファイルが存在する

       EFAULT アドレスが不正

       EFBIG  ファイルが大きすぎる

       EINTR  関数呼び出しが割り込まれた

       EINVAL 引数が無効

       EIO    入出力エラー

       EISDIR ディレクトリである

       EMFILE オープンされているファイルが多すぎる

       EMLINK リンクが多すぎる

       ENAMETOOLONG
              ファイル名が長すぎる

       ENFILE システム中でオープンされているファイルが多すぎる

       ENODEV そのようなデバイスは無い

       ENOENT そのようなファイルやディスクリプタは無い

       ENOEXEC
              Exec 形式のエラー

       ENOLCK 利用できるロックが無い

       ENOMEM 十分な空きが無い

       ENOSPC デバイスに空きが無い

       ENOSYS 機能が実装されていない

       ENOTDIR
              ディレクトリではない

       ENOTEMPTY
              ディレクトリが空ではない

       ENOTTY 不適当な I/O 制御操作

       ENXIO  そのようなデバイスまたはアドレスは無い

       EPERM  操作は許されていない

       EPIPE  パイプが破損した

       ERANGE 結果が大きすぎる

       EROFS  ファイルシステムはリードオンリー

       ESPIPE 無効なシーク

       ESRCH  そのようなプロセスは無い

       EXDEV  不適当なリンク



関連項目
       perror(3)



                                  21 July 1996                          ERRNO(3)