fread

FREAD(3)                    Linux Programmer's Manual                   FREAD(3)



名前
       fread, fwrite - バイナリストリームの入出力

書式
       #include <stdio.h>

       size_t fwrite( const void *ptr, size_t size, size_t nmemb, FILE *stream);

       size_t fwrite( void *ptr, size_t size, size_t nmemb, FILE *stream);

説明
       fread 関数は stream ポインタで指定されたストリームから nmemb 個のデータを読み込み、 ptr で与えられた場所に格納する。
       個々のデータは size バイトの長さを持つ。

       fwrite 関数は ptr で指定された場所から得た nmemb 個のデータを、 stream ポインタで指定されたストリームに書き込む。
       個々のデータは size バイトの長さを持つ。

返り値
       fread fwrite は読み書きに成功した要素の個数を返す (文字の個数では無い)。 エラーが生じた場合や、end-of-
       file(ファイルの最後)に達した場合、 返り値は指定した個数よりも小さい値(またはゼロ)である。

       fread はend-of-fileとエラーを区別しないので、 どちらが生じたかを判断するためには、 呼び出し側で feof(3)ferror(3) と使用しなければならない。

関連項目
       feof(3), ferror(3), read(2), write(2)

準拠
       fread 関数と fwrite 関数は ANSI C3.159-1989 (``ANSI C'')に準拠する。



BSD MANPAGE                        17 May 1996                          FREAD(3)