getdtablesize

GETDTABLESIZE(2)            Linux Programmer's Manual           GETDTABLESIZE(2)



名前
       getdtablesize - ディスクリプタ・テーブルのサイズを取得する

書式
       #include <unistd.h>

       int getdtablesize(void);

   glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7)  参照):

       getdtablesize():
           glibc 2.12 以降:
               _BSD_SOURCE ||
                   !(_POSIX_C_SOURCE >= 200112L || _XOPEN_SOURCE >= 600)
           glibc 2.12 より前: _BSD_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 500 ||
           _XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE_EXTENDED

説明
       getdtablesize()  は 1 つのプロセスのオープンできるファイル数の最大値を返す。
       返り値はファイルディスクリプタの取り得る最大値より 1 大きい値である。

返り値
       プロセス毎にオープンできるファイル数の現在の制限値。

エラー
       Linux では、 getdtablesize()  は getrlimit(2)  で説明されているエラーを返すことがある。
       下記の「注意」を参照のこと。

準拠
       SVr4, 4.4BSD (getdtablesize()  関数は 4.2BSD で最初に現われた)。 これは POSIX.1-2001
       で規定されていないので、 移植性のあるアプリケーションはこの呼び出しの代わりに sysconf(_SC_OPEN_MAX) を使うべきである。

注意
       getdtablesize()  は libc のライブラリ関数として実装されている。glibc 版は getrlimit(2)
       を呼び出して、現在の RLIMIT_NOFILE を返す。 呼び出しに失敗した場合は OPEN_MAX を返す。 libc4 と libc5 では
       OPEN_MAX (Linux 0.98.4 以降では 256 に設定されている)  を返す。

関連項目
       close(2), dup(2), getrlimit(2), open(2)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.41 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



Linux                              2010-09-20                   GETDTABLESIZE(2)