ioctl

IOCTL(2)                    Linux Programmer's Manual                   IOCTL(2)



名前
       ioctl - デバイスを制御する

書式
       #include <sys/ioctl.h>

       int ioctl(int fd, unsigned long request, ...);

説明
       ioctl()  関数はスペシャルファイルを構成するデバイスのパラメーターを 操作する。特に、キャラクター型のスペシャルファイル (例えば端末
       (terminal))  の多くの動作特性を ioctl()  リクエストによって制御することができる。引き数 fd
       はオープンされたファイルディスクリプターでなければならない。

       2 番目の引き数は、デバイス依存のリクエストコードである。 3 番目の引き数は、メモリーへの型を指定しないポインターである。 この引き数は伝統的に
       (C で void * という書き方が有効になる前から)  char *argp
       と表記されている。したがって、この文章でもそう名付けることとする。

       ioctl()  の request には、 その引き数が 入力 パラメーターと 出力 パラメーターのどちらであるかの区別や、 argp
       引き数のバイト単位のサイズ、といった情報がエンコードされている。 ioctl()  の request を指定するためのマクロ (macro)
       と定義は <sys/ioctl.h> ファイルにある。

返り値
       たいていの場合、成功するとゼロが返される。 ただし、 ioctl()  リクエストの中にはパラメーターの出力に返り値を使用しているものが若干あり、
       その場合は、成功したときに非負の値が返される。 エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。

エラー
       EBADF  fd が無効なディスクリプターである。

       EFAULT argp がアクセス不可能なメモリーを参照している。

       EINVAL request または argp が不正である。

       ENOTTY fd がキャラクター型のスペシャルデバイスを参照していない。

       ENOTTY 指定されたリクエストはディスクリプター fd が参照する種類のオブジェクトには適用することができない。

準拠
       どれか一つの標準に対応しているわけではない。 ioctl()  の引き数、返り値、解釈は、処理対象のデバイスドライバごとに 異なる (この関数は
       UNIX の ストリーム I/O モデル に きちんと適合していない操作のための便利屋として使用される)。 よく知られている ioctl()
       のリストについては ioctl_list(2)  を参照すること。 ioctl()  関数コールは Version 7 AT&T UNIX
       で登場した。

注意
       このシステムコールを使うには、オープンされたファイルディスクリプターが 必要である。 open(2)
       コールはしばしば望んでいない副作用を伴うことがあるが、Linux では open(2)O_NONBLOCK
       フラグをつけることでこの副作用を避けることができる。

関連項目
       execve(2), fcntl(2), ioctl_list(2), open(2), sd(4), tty(4)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



Linux                              2014-12-31                           IOCTL(2)