iswcntrl

ISWCNTRL(3)                 Linux Programmer's Manual                ISWCNTRL(3)



名前
       iswcntrl - ワイド制御文字かどうかを調べる

書式
       #include <wctype.h>

       int iswcntrl(wint_t wc);

説明
       iswcntrl()  関数は、 iscntrl(3)  に対応するワイド文字関数である。 この関数は、wc がワイド文字クラス "cntrl"
       に属するワイド文字かど うかを調べる。

       ワイド文字クラス "cntrl" はワイド文字クラス "print" とは共通部分を持た ず、したがってそのサブクラスである "graph",
       "alpha", "upper", "lower", "digit", "xdigit", "punct" とも共通部分を持たない。

       unsigned char 型である c に対しては、iscntrl(c) は暗黙的に iswcntrl(btowc(c)) を行う。

返り値
       関数 iswcntrl()  は、wc がワイド文字クラス "cntrl" に属する ワイド文字ならば 0 でない値を返す。そうでない場合には 0
       を返す。

属性
   マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
       iswcntrl() 関数は、例外付きのスレッドセーフである。実行中に setlocale(3)
       を呼び出してロケールを変更しない限り、マルチスレッドアプリケーションで安全に使用することができる。

準拠
       C99.

注意
       iswcntrl()  の動作は、現在のロケールの LC_CTYPE カテゴリーに依存する。

関連項目
       iscntrl(3), iswctype(3)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



GNU                                2014-02-10                        ISWCNTRL(3)