iswpunct

ISWPUNCT(3)                 Linux Programmer's Manual                ISWPUNCT(3)



名前
       iswpunct - 句読点・記号ワイド文字かどうかを調べる

書式
       #include <wctype.h>

       int iswpunct(wint_t wc);

説明
       iswpunct()  関数は、 ispunct(3)  に対応するワイド文字関数である。 この関数は、wc がワイド文字クラス "punct"
       に属するワイド文字かど うかを調べる。

       ワイド文字クラス "punct" はワイド文字クラス "graph" のサブクラスである。 したがって、ワイド文字クラス "print"
       のサブクラスでもある。

       ワイド文字クラス "punct" はワイド文字クラス "alnum" と共通部分を持たな い。したがって、そのサブクラスである "alpha",
       "upper", "lower", "digit", "xdigit" とも共通部分を持たない。

       ワイド文字 "print" のサブクラスなので、ワイド文字クラス "punct" は ワイド文字クラス "cntrl" と共通部分を持たない。

       ワイド文字クラス "graph" のサブクラスなので、ワイド文字クラス "punct" はワイド文字クラス "space" とそのサブクラスである
       "blank" と共通 部分を持たない。

返り値
       iswpunct()  関数は、wc がワイド文字クラス "punct" に属する ワイド文字ならば 0 でない値を返す。そうでなければ 0
       を返す。

準拠
       C99.

注意
       iswpunct()  の動作は、現在のロケールの LC_CTYPE カテゴリーに依存する。

       この関数の名前は Unicode 文字を扱う際には正しくない。なぜなら、ワイド 文字クラス "punct"
       は句読点文字と記号文字(数学記号、貨幣記号など)の両 方を含むからである。

関連項目
       ispunct(3), iswctype(3)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



GNU                                1999-07-25                        ISWPUNCT(3)