loader.conf

名称
     loader.conf — システムブートストラップの設定情報

解説
     ファイル loader.conf は、システムのブートストラップに関する記述的な情報を含みます。
     これを通じて、ブートすべきカーネル、カーネルに渡すパラメータ、 ロードすべき追加のモジュールを指定可能であり、また、一般的に、 loader(8)
     で記述されているすべての変数を設定可能です。

     loader.conf が自動的に処理されるようにするために、 ファイル /boot/loader.rc は次の 2 行を含む必要があります。

           include /boot/loader.4th
           start

     インストール時に /boot/loader.rc が存在しない場合、前述の行を含むものが組み込まれることになります。

文法
     loader.conf の書式は、明らかに rc.conf(5) の書式を受け継いだものであり、 sh(1)
     を起源とするものですが、特別な方法で扱われる設定があります。 また、設定の動作がサフィックスによって定義されるものもあり、
     その場合、プレフィックスは、制御対象のモジュールを指定します。

     一般的な解釈の規則は次の通りです:

     空白と空行は無視されます。

     記号 # は、行の残りがコメントであるという印です。

     各行には 1 個の設定のみ存在可能です。

     すべての設定は、次の書式です:

           variable="value"

     特殊な扱いを受ける設定のクラスに属すのでなければ、 おのおのの設定は loader(8) の環境変数の値を設定します。
     特殊な扱いを受ける設定は、ここに列挙しています。 ここで、 "*" で始まる設定は、ロードされるモジュールを定義し、
     任意のプレフィックスを持ちえます。 そのプレフィックスがモジュールを指定します。 共通のプレフィックスを持つような設定はすべて、
     同一のモジュールを参照します。

     exec          即時に loader(8) のコマンドを実行します。 このタイプの設定は、 loader(8)
                   以外のプログラムでは処理できませんので、使用は避けるべきです。 複数個指定すると、別々に処理されます。

     loader_conf_files
                   現在のファイルのすぐ後に処理すべき、追加の設定ファイルを定義します。

     kernel        ロードすべきカーネルの名前です。 カーネルの名前を設定しないと、 追加のモジュールはロードされません。

     kernel_options
                   カーネルに渡されるフラグです。

     password      実行継続許可前にパスワード確認が要求するパスワードを提供します。

     verbose_loading
                   “YES” に設定すると、モジュールがロードされる際にその名前が表示されます。

     *_load        “YES” に設定すると、そのモジュールがロードされます。 名前を定義しないと
                   (後述)、モジュールの名前はプレフィックスと同じになります。

     *_name        モジュールの名前を定義します。

     *_type        モジュールのタイプを定義します。 なにも指定しないと、デフォルトの kld モジュールになります。

     *_flags       モジュールに渡されるフラグとパラメータです。

     *_before      モジュールのロード前に実行すべきコマンドです。 この設定の使用は避けるべきです。

     *_after       モジュールのロード後に実行すべきコマンドです。 この設定の使用は避けるべきです。

     *_error       モジュールのロードに失敗した場合に実行されるコマンドです。 ブートストラップ処理を異常終了させる特殊な値 “abort”
                   以外では、この設定の使用は避けるべきです。

     警告: 開発者はこれらのサフィックスを kernel 環境変数 (変更可能変数) に 一切使ってはいけません。 さもないと衝突します。

デフォルト設定
     ほとんどの loader.conf のデフォルト設定は無視可能です。 少数の重要または有用なものを次に示します:

           bitmap_load
                     (“NO”) “YES” に設定すると、ビットマップがロードされ、ブート中に画面に表示されます。

           bitmap_name
                     (“/boot/splash.bmp”) ロードされるビットマップの名前です。 他の名前を使用することも可能です。

           console   (“vidconsole”) “comconsole” シリアルコンソールを選択します。 “vidconsole”
                     ビデオコンソールを選択します。 “nullconsole” mute コンソールを選択します。
                     (ビデオコンソールもシリアルポートも持たないシステムで有用です。)

           kernel    (“/boot/kernel/kernel”)

           loader_conf_files
                     (“/boot/loader.conf /boot/loader.conf.local”)

           splash_bmp_load
                     (“NO”) “YES” に設定すると、起動画面モジュールをロードし、 ブート中に bmp
                     イメージを画面に表示することを可能にします。

           splash_pcx_load
                     (“NO”) “YES” に設定すると、起動画面モジュールをロードし、 ブート中に pcx
                     イメージを画面に表示することを可能にします。

           vesa_load
                     (“NO”) “YES” に設定すると、vesa モジュールをロードし、 VGA
                     を越える解像度のビットマップを表示可能とします。

関連ファイル
     /boot/defaults/loader.conf  デフォルト設定 -- このファイルを変更しないでください。
     /boot/loader.4th            loader が使用するコマンドを定義し、 loader.conf を読み込んで処理します。
     /boot/loader.conf           ユーザが定義した設定です。
     /boot/loader.conf.local     共通の loader.conf と共に使用する、サイトのマシン固有の設定です。
     /boot/loader.rc             loader.conf を自動的に処理する指示を含みます。

関連項目
     boot(8), loader(8), loader.4th(8)

歴史
     ファイル loader.conf は FreeBSD 3.2 ではじめて登場しました。

作者
     このマニュアルページは Daniel C. Sobral <dcs@FreeBSD.org> によって書かれました。