mempcpy

MEMPCPY(3)                  Linux Programmer's Manual                 MEMPCPY(3)



名前
       mempcpy, wmempcpy - メモリー領域をコピーする

書式
       #define _GNU_SOURCE         /* feature_test_macros(7) 参照 */
       #include <string.h>

       void *mempcpy(void *dest, const void *src, size_t n);

       #define _GNU_SOURCE         /* feature_test_macros(7) 参照 */
       #include <wchar.h>

       wchar_t *wmempcpy(wchar_t *dest, const wchar_t *src, size_t n);

説明
       mempcpy()  関数は memcpy(3)  関数とほぼ同一である。 この関数は、 src で始まるオブジェクトから n バイトを、
       dest で指されるオブジェクトにコピーする。 ただし dest の値を返すのではなく、
       最後に書き込まれたバイトの後に続くバイトへのポインターを返す。

       この関数はいくつかのオブジェクトが 連続的なメモリーの場所にコピーされるような状況で役に立つ。

       wmempcpy()  関数はこの関数と同じであるが、 wchar_t 型の引き数をとり、 n ワイド文字列をコピーする。

返り値
       dest + n.

バージョン
       mempcpy()  は glibc バージョン 2.1 で初めて登場した。

属性
   マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
       関数 mempcpy() と wmempcpy() はスレッドセーフである。

準拠
       この関数は GNU による拡張である。


       void *
       combine (void *o1, size_t s1, void *o2, size_t s2)
       {
           void *result = malloc(s1 + s2);
           if (result != NULL)
               mempcpy(mempcpy(result, o1, s1), o2, s2);
           return result;

関連項目
       memccpy(3), memcpy(3), memmove(3), wmemcpy(3)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



GNU                                2014-03-18                         MEMPCPY(3)