mkfs

MKFS(8)                      System Manager's Manual                     MKFS(8)



名前
       mkfs - Linux のファイルシステムを作成する

書式
       mkfs [ -V ] [ -t fstype ] [ fs-options ] filesys [ blocks ]

説明
       mkfs は Linux のファイルシステムをデバイス (通常はハードディスクのパーティ ション) 上に作成するために用いられる。 filesys
       はファイルシステムを作成するデバイスの名前 (/dev/hda1、 /dev/sdb2 など) またはマウントポイント (/、 /usr、
       /home など) である。 blocks は作成するファイルシステムのブロック数である。

       mkfs の戻り値 (exit code) は成功すれば 0、失敗した場合は 1 である。

       実は mkfs は単なるフロントエンドにすぎない。 Linux で利用できるファイルシステム
       には様々なものがあるが、実際のファイルシステムの作成はそれらファイル システムに専用のプログラム (mkfs.fstype) が行う。
       各ファイルシステム用の作成プログラムの探索はまず /etc/fs から行われ、 ついで /etc、そして最後に環境変数 PATH
       中のディレクトリが探索される。 詳細については各ファイルシステム用作成プログラムのマニュアルページ を見て欲しい。

オプション
       -V     詳細な情報を表示する。実行されるファイルシステム専用コマンドの結果 も詳細に表示される。 このオプションを 2
              つ以上指定すると、専用コマンドの実行を行わない。 これはテストの際に特に有用であろう。

       -t fstype
              作成するファイルシステムのタイプを指定する。指定されなかった場合は /etc/fstab 中の filesys
              を検索してタイプを推定する。 推定できない場合は、デフォルトのファイルシステムタイプ (現在は minix) が用いられる。

       fs-options
              実際のファイルシステム作成を行うコマンドに渡す、ファイルシステム固 有のオプションを指定する。
              保証されているわけではないが、以下のオプションはほとんどのファイルシス テム作成プログラムでサポートされている。

       -c     ファイルシステムを作成する前に、デバイスに対して不良ブロックの検査を行 う。

       -l filename
              不良ブロックのリストを filename から読み込む。

       -v     詳細な表示を出力する。

バグ
       すべての汎用のオプションはファイルシステム固有のオプションに優先される べきであり、並列されるべきではない。
       各種ファイルシステムの専用プログラムには、 -v (詳細表示) オプションをサポートしないものや、意味のある戻り値を返さな
       いものもある。また専用プログラムには、自動的にデバイスのサイズを知るこ とのできず、 blocks
       パラメータを必ず指定しなければならないものもある。

著者
       David Engel (david@ods.com)
       Fred N. van Kempen (waltje@uwalt.nl.mugnet.org)
       Ron Sommeling (sommel@sci.kun.nl)
       本マニュアルページは (厚顔にも) Remy Card が作成した ext2 ファイルシス テム向けの版を少々変更したものである。

関連情報
       fsck(8), mkfs.minix(8), mkfs.ext(8), mkfs.ext2(8), mkfs.xiafs(8).




Version 1.9                         Jun 1995                             MKFS(8)