mv

MV(1L)                                                                    MV(1L)



名前
       mv - ファイル名を変更する

書式
       mv [options] source dest
       mv [options] source... directory
       Options:
       [-bfiuv] [-S backup-suffix] [-V {numbered,existing,simple}] [--backup]
       [--force] [--interactive] [--update] [--verbose] [--suffix=backup-suffix]
       [--version-control={numbered,existing,simple}] [--help] [--version]

説明
       このマニュアルページは GNU バージョンの mv について書いている。 最後の引数がすでに存在しているディレクトリならば mv
       指定したファイルを同じ名前でそのディレクトリに移動する。 一方、2つのファイルを指定すると1番目のファイル名を2番目の名前に
       変更する。最後の引数がディレクトリでなくてかつ2つ以上のファイルを 指定するとエラーとなる。普通のファイルのみファイルシステムをまたがって
       移動できる。

       変更先に書き込み禁止の同名ファイルがあり、標準出力が端末で かつ -f --force オプションが指定されてなければ mv
       はファイルを上書きしていいか問い合わせる。ユーザーの入力が `y' か `Y' で はじまる言葉以外なら、そのファイルには上書きしない。

   オプション
       -b, --backup
              ファイルを上書きする際にバックアップを作成する。

       -f, --force
              すでに存在する移動先のパスを上書きする。 その際にユーザーに問い合わせない。

       -i, --interactive
              移動先に同名ファイルがすでに存在するとき上書きしてよいか 問い合わせる。ユーザーの入力が `y' か `Y'
              以外ではじまる文字のとき は上書きしない。

       -u, --update
              移動先に同名ファイルがあり、それが同じか、より新しいタイムスタンプを持つ 場合、ディレクトリ以外のものならば移動しない。

       -v, --verbose
              ファイルを移動するまえにファイル名を表示する。

       --help 使い方を標準出力に表示する。

       --version
              バージョン情報を標準出力に出力する。

       -S, --suffix backup-suffix
              「単純な」バックアップファイルの作成に使う添字は環境変数 SIMPLE_BACKUP_SUFFIX
              で設定されるが、このオプションで指定したほうが優先される。 これらのどちらも設定されていなければデフォルトでは Emacs と
              同様に`~'が使われる。

       -V, --version-control {numbered,existing,simple}
              バックアップの方法は環境変数 VERSION_CONTROL で設定できるが、このオプションで指定したほうが優先される。
              VERSION_CONTROL が設定されてなくて、このオプションも指定しなければデフォルトの
              バックアップ方法は`existing'となる。環境変数 VERSION_CONTROL の値とこのオプションの引数は GNU
              Emacs の`version-control'変数に似ている。 (あちらのほうがより詳細な設定ができることに気づかれると思うが。)
              有効な値は以下。(区別がつけば省略形も可)

              `t' or `numbered'
                     常に数字を添字に使ってバックアップする。

              `nil' or `existing'
                     すでに数字を添字に使ったバックアップファイルがあれば 数字を添字に使うが、そうでなければ 「単純な」バックアップ
                     を行なう。(訳注:「単純な」バックアップについては -S オプションを参照)

              `never' or `simple'
                     常に「単純な」バックアップを行なう。



FSF                            GNU File Utilities                         MV(1L)