passwd

PASSWD(5)                   Linux Programmer's Manual                  PASSWD(5)



名前
       passwd - パスワードファイル

説明
       Passwd は ASCII ファイルで、そのシステムのユーザーリストと、ユーザーが システムを利用する時に必要なパスワード情報を持っている。
       パスワードファイルのプロテクションは、全ユーザーに 読み取りの許可(色々なユーティリティ、例えば ls(1)
       ではユーザーIDをユーザー名にするのに使っている)を与え、スーパー ユーザーにのみ書き込み許可を与えるようにすべきである。

       古き良き時代には、この全ユーザーに対する読み取り許可は 特別な問題を起こさなかった。誰でも暗号化されたパスワードを
       読む事が出来たが、上手に選ばれたパスワードを破るのには 当時のハードウェアの速度はあまりに遅かったし、それに加えて
       友好的なユーザー社会である事が基本的な前提だった。 最近では多くの人が、何らかのバージョンのshadow password suite
       (訳注:シャドウ・パスワード機能を実現するためのプログラム群 の事。JFのShadow-Password-HOWTOを参照)
       を動かしており、その場合には /etc/passwd のパスワード欄には、パスワードの代わりに星マーク(*)が設定され、
       暗号化されたパスワードは、 /etc/shadow の中に置かれてルートのみが読み取り可能となっている。

       新しいユーザーを登録する場合、パスワード欄は空欄のままにして おきpasswd(1)コマンドにより設定するようにする。
       パスワード欄に星マーク(*)が設定されているユーザーは、 login(1)コマンドによりシステムにログイン出来ない事を 意味している。

       パスワードファイルは1行ごとに1エントリを持ち、それぞれ の行は次の書式を持っている:

              login_name:passwd:UID:GID:user_name:directory:shell

       各欄の説明:


              login_name
                        そのシステムでのユーザー名。

              password  そのユーザーの暗号化されたパスワード。(オプショナル)

              UID       ユーザーID番号。

              GID       そのユーザーが属するグループID番号。

              user_name コメント欄(ユーザーのフルネーム欄としてよく使われる)。(オプショナル)

              directory ユーザーの$HOMEディレクトリ。

              shell     ログインの際動くプログラム名(空欄の場合 /bin/shが使われる)。

注意
       ルートファイルシステムが /dev/ram に置かれている場合、システムをシャットダウンする前に、変更した
       パスワードファイルをルートファイルシステムの入ったフロッピーディスク に保存してアクセス権をチェックするようにする。ユーザーグループを
       作りたい場合には、同じグループに属するユーザーのGIDは同じ値とし、 そのGIDを/etc/groupの中に定義しておく必要がある。
       そうしないとグループを作ったことにはならない。

ファイル
       /etc/passwd

関連項目
       passwd(1), login(1), group(5), shadow(5)




Linux                             24 July 1993                         PASSWD(5)