pthread_detach

PTHREAD_DETACH(3)           Linux Programmer's Manual          PTHREAD_DETACH(3)



名前
       pthread_detach - スレッドを切り離す (detach する)

書式
       #include <pthread.h>

       int pthread_detach(pthread_t thread);

       -pthread を付けてコンパイルとリンクを行う。

説明
       pthread_detach() 関数は thread で識別されるスレッドに detached (切り離された状態) という印を付ける。
       detached 状態のスレッドが終了すると、 別のスレッドが終了されたスレッドを join しなくても、
       そのスレッドのリソースは自動的に解放されてシステムに戻される。

       すでに detach 状態のスレッドを detach しようとした場合に どのような結果となるかは規定されていない。

返り値
       成功すると、pthread_detach() は 0 を返す。 エラーの場合、エラー番号を返す。

エラー
       EINVAL thread が join 可能なスレッドではない。

       ESRCH  ID が thread のスレッドが見つからなかった。

準拠
       POSIX.1-2001.

注意
       いったんスレッドを detached 状態にすると、 そのスレッドを pthread_join(3) で join したり、 もう一度 join
       可能にしたりすることはできない。

       pthread_attr_setdetachstate(3) を使って pthread_create(3)attr 引き数の
       detached 属性を設定することで、 新しいスレッドを detached 状態で作成することができる。

       detached 属性は、スレッドが終了した際のシステムの動作を決めるだけである。 プロセスが exit(3)
       を使って終了した場合に、そのスレッドが終了され なくなるようなことはない (なお、メインスレッドが return した場合も プロセスが
       exit(3) を使って終了した場合と全く同じである)。

       アプリケーションが作成した各スレッドについて、そのスレッドが使用して いるシステムリソースを解放できるように、pthread_join(3)pthread_detach() のどちらかを呼び出すべきである (ただし、プロセスが 終了するときには、全てのスレッドのリソースが解放される)。


       以下の文は、呼び出したスレッド自身を detach する。

           pthread_detach(pthread_self());

関連項目
       pthread_attr_setdetachstate(3), pthread_cancel(3), pthread_create(3),
       pthread_exit(3), pthread_join(3), pthreads(7)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



Linux                              2008-11-27                  PTHREAD_DETACH(3)