read

READ(2)                     Linux Programmer's Manual                    READ(2)



名前
       read - ファイルディスクリプターから読み込む

書式
       #include <unistd.h>

       ssize_t read(int fd, void *buf, size_t count);

説明
       read()  はファイルディスクリプター (file descriptor)  fd から最大 count バイトを buf
       で始まるバッファーへ読み込もうとする。

       seek に対応しているファイルでは、read
       は現在のファイルオフセットから行われ、ファイルオフセットは読み込んだバイト数分だけ進められる。現在のファイルオフセットがファイル末尾かそれより先の場合は、読み出しは行われず、
       read() は 0 を返す。

       count が 0 の場合、 read() は以下で説明するエラーを検出する場合がある。 どのエラーもなかった場合、もしくは read()
       がエラーのチェックを行わない場合、 count が 0 で呼び出された read() は 0 を返し、何も行わない。

       count SSIZE_MAX より大きければ、結果は規定できない。

返り値
       成功した場合、読み込んだバイト数を返す (0 はファイルの終りを意味する)。 ファイル位置はこの数だけ進められる。
       この数が要求した数より小さかったとしてもエラーではない; 例えば今すぐには実際にそれだけの数しかない場合 (ファイルの最後に近いのかも
       しれないし、パイプ (pipe) や端末 (terminal) から読み込んでいるかもしれない) や read()  がシグナル (signal)
       によって割り込まれた場合にこれは起こりえる。 エラーの場合は、-1 が返され、 errno
       が適切に設定される。この場合はファイル位置が変更されるかどうかは 不定である。

エラー
       EAGAIN ファイルディスクリプター fd がソケット以外のファイルを参照していて、 非停止 (nonblocking) モード
              (O_NONBLOCK)  に設定されており、読み込みを行うと停止する状況にある。

       EAGAIN または EWOULDBLOCK
              ファイルディスクリプター fd がソケットを参照していて、非停止 (nonblocking) モード (O_NONBLOCK)
              に設定されており、読み込みを行うと停止する状況にある。 POSIX.1-2001
              は、この場合にどちらのエラーを返すことも認めており、 これら 2 つの定数が同じ値を持つことも求めていない。
              したがって、移植性が必要なアプリケーションでは、両方の可能性を 確認すべきである。

       EBADF  fd が有効なファイルディスクリプターでないか、読み込みのために オープン (open) されていない。

       EFAULT buf がアクセス可能なアドレス空間の外にある。

       EINTR  何のデータも読み込まないうちにシグナルに割り込まれた。 signal(7)  参照。

       EINVAL fd は読み込みに適していないオブジェクトを参照している。 もしくは、ファイルが O_DIRECT
              フラグを指定してオープンされているが、 buf に指定されたアドレス、 count に指定された値、
              現在のファイルオフセットのいずれかの アラインメントが不適切である。

       EINVAL fd timerfd_create(2)  の呼び出しで作成されたが、 read()  に間違ったサイズのバッファーが渡された。
              さらなる情報は timerfd_create(2)  を参照のこと。

       EIO    I/O エラー。これは例えばプロセスがバックグランドプロセスグループで、それを制御している端末から読み込もうとし、 SIGTTIN
              が無視 (ignore) または禁止 (blocking) されている場合や、 そのプロセスグループが孤立 (orphan)
              している場合に起こる。 またディスクやテープを読んでいる時に低レベル I/O エラー が発生した場合にも起こる。

       EISDIR fd がディレクトリを参照している。

       fd が接続しているオブジェクトによっては他のエラーも起こりえる。 POSIX では、 いくらかのデータを読んだ後に割り込みが起こった場合、
       read()  は (errno EINTR を設定して) -1 を返してもよいし、 既に読み込んだバイト数を返してもよい。

準拠
       SVr4, 4.3BSD, POSIX.1-2001.

注意
       NFS において。少量のデータを読み込む場合、最初の時のみにタイム スタンプが更新され、続くコールでは更新されないだろう。
       これはクライアント側で属性のキャッシングを行なうためである。 なぜならば、もし全ての NFS クライアントが st_atime
       (最終ファイルアクセス時刻)  の更新をサーバーに送らず、クライアント側でキャッシュを読むことに満足して いれば、サーバー側での read
       は発生しないので st_atime の更新は行なわれからだ。 UNIX の方式では、クライアント側の属性のキャッシングを無効にすることで、
       これを得ることができる。しかしほとんどの状況ではこれは続くサーバーの 負荷を増加させ、パフォーマンスの低下をもたらす。

バグ
       POSIX.1-2008/SUSv4 セクション XSI 2.9.7 ("Thread Interactions with Regular
       File Operations") によると、

           以下のすべての関数では、 通常ファイルもしくはシンボリックリンクに対する操作では POSIX.1-2008
           で規定された効果が互いにアトミックに行われなければならない: ...

       この後に書かれている API の中に read() と readv(2) である。 スレッド(やプロセス)
       間でアトミックに適用することが求められる効果の一つとして、 ファイルオフセットの更新がある。 しかしながら、 バージョン 3.14 より前の
       Linux では、 この限りではない。 オープンファイル記述 (open file description) を共有する 2 つのプロセスが同時に
       read() (や readv(2)) を実行した場合、 この I/O 操作ではファイルオフセットの更新に関してはアトミックではなく、 2
       つのプロセスの read で取得されるデータブロックが (間違って) 重なる可能性がある。 この問題は Linux 3.14 で修正された。

関連項目
       close(2), fcntl(2), ioctl(2), lseek(2), open(2), pread(2), readdir(2),
       readlink(2), readv(2), select(2), write(2), fread(3)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



Linux                              2014-05-04                            READ(2)