rlogin

名称
     rlogin — リモートマシンにログインする

書式
     rlogin [-8EKLdx] [-e char] [-k realm] [-l username] host

解説
     rlogin は、 host で指定したリモートホスト上のターミナルセッションを開始します。

     rlogin は、はじめに Kerberos ユーザ認証機構の使用を試みます。もしリモートホストが Kerberos
     をサポートしていない場合には、標準的な rhosts を用いた認証機構に切替えます。 本コマンドでは、以下のオプションが使用可能です。

     -8    8 ビットデータの常時入力を許可します。指定しない場合は、ストップ/スタート キャラクタ (通常は ^S/^Q)
           を除き、パリティビットが除去されます。

     -E    すべてのキャラクタについて、エスケープキャラクタとして認識されることを禁止 します。 -8
           オプションと同時に使用された場合には、完全な透過接続を行うことが出来ます。

     -K    Kerberos を用いたユーザ認証を行いません。

     -L    rlogin セッションを ``litout'' モード (tty(4) を参照して下さい) で起動します。

     -d    リモートホストとの通信に用いられる TCP ソケットのデバッギングオプション (setsockopt(2) を参照してください)
           を有効にします。

     -e    エスケープキャラクタを指定します。無指定時には、``~'' がエスケープキャラク
           タとして採用されます。指定は、表示可能なキャラクタであるか、8 進の 値で \nnn と指定することが可能です。

     -k    rlogin が使用する鍵として、リモートホスト上で krb_realmofhost(3) で決定される realm のかわりに 引数
           realm で指定される realm の使用を要求します。

     -x    rlogin セッションを経由して送受信されるデータ全てについて、 DES 暗号化を有効にします。本オプションは、レスポンスと CPU
           使用率に大きな影響を与えますが、セキュリティをさらに強固なものにします。

     ``<エスケープキャラクタ>.'' と入力すると、リモートホストとの接続を切断します。 同様に、``<エスケープキャラクタ>^Z'' と入力すると、
     rlogin セッションをサスペンドします。 ``<エスケープキャラクタ><delayed-suspend char>''は、rlogin
     からの送信は サスペンドしますが、リモートシステムからのデータ受信は受け付けます。 特に指定がない場合は、チルダ (``~'')
     がエスケープキャラクタであり、 通常は コントロール-Y (``^Y'') が delayed-suspend character
     (遅延サスペンドキャラクタ) になります。

     全ての表示はリモートホストに反映されます。これは、遅延を除けば rlogin は透過である からです。^S/^Q
     を用いたフロー制御および割り込みによる入出力キャラクタの フラッシュについても問題なく処理されます。

Kerberos ユーザ認証機構
     各ユーザは、個人認証リストをホームディレクトリ上の .klogin ファイルに持ちます。ファイルの各行には、
     principal.instance@realm という形式で、Kerberos principal name を含む必要があります。
     本来のユーザについての情報が .klogin 内の proncipal name に記述されている場合には、そのアクセスは許可されます。 もし
     .klogin ファイルが存在しない場合には、 accountname.@localrealm がアクセス可能なユーザの principal name
     になります。 そうでなければ、 login(1) のように、login と passwd のプロンプトがリモートマシンに表示され ます。
     より確実なセキュリティを確保しようと するならば、 .klogin ファイルはリモートのユーザの所有になっているべきです。

     Kerberos ユーザ認証が失敗した場合には、警告メッセージが出力され、 通常の Berkeley rlogin がかわりに使用されます。

環境変数
     TERM  ユーザの端末タイプを決定します。

関連項目
     rsh(1), kerberos(3), krb_sendauth(3), krb_realmofhost(3)

歴史
     rlogin コマンドは 4.2BSD から登場しました。

バグ
     近い将来、 rlogin telnet(1) にとってかわられます。

     なるべく多くの環境変数が伝わるべきでしょう。