setfsgid

SETFSGID(2)                 Linux Programmer's Manual                SETFSGID(2)



名前
       setfsgid - ファイル・システムをチェックするのに使用するグループ識別(identity)を設定する

書式
       int setfsgid(uid_t fsgid)

説明
       setfsgid は Linux カーネルがファイル・システム(file system)に対する 全てのアクセスのチェックに使用するグループ
       IDを設定する。通常は fsgid の値は実効(effective)グループID によって隠されている。実際に、 実効グループ ID
       が変更された場合には fsgid もまた新しい実効グループID の値に変更される。

       setfsgid の明示的な呼び出しは通常は、Linux NFS サーバー のような、関連する 実(real)グループID や実効グループID
       を変更することなしに ファイルにアクセスするグループ ID を変更することが必要なプログラム でのみ使用される。NFS
       サーバーのようなプログラムでは、プロセスを通常の グループID に変更することはそのグループID からの望まない
       シグナル(signal)にさらされるという セキュリティー・ホール(security hole)になる。

       setfsgid はスーパー・ユーザーによって呼び出された場合や、 fsgid が実(real)グループID
       か、実効(effective)グループID か、 保存(saved)グループID か、現在の fsgid の値に一致する場合にのみ成功する。


返り値
       成功した場合、 fsgid の以前の値が返される。エラーの場合は fsgid の現在の値が返される。

準拠
       setfsgid は Linux 特有でり、移植と意図したプログラムで使用してはいけない。

バグ
       いかなる種類のエラー・メッセージも返されない。 呼び出しが失敗した時は最低でも EPERM くらいは返すべきである。


関連項目
       setfsuid(2)



Linux 1.3.15                      6 August 1995                      SETFSGID(2)