shutdown

SHUTDOWN(2)                 Linux Programmer's Manual                SHUTDOWN(2)



名前
       shutdown - 全二重接続の一部を閉じる

書式
       #include <sys/socket.h>

       int shutdown(int sockfd, int how);

説明
       shutdown()  は、 sockfd に関連づけられているソケットによる全二重接続 (full-duplex connection)
       の一部または全てを閉じる。 how SHUT_RD ならば、それ以降の受信を禁止する。 how SHUT_WR
       ならば、それ以降の送信を禁止する。 how SHUT_RDWR ならば、それ以降の送受信を禁止する。

返り値
       成功した場合は 0 が返される。エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。

エラー
       EBADF  sockfd が有効なディスクリプターでない。

       EINVAL how に無効な値が指定された (バグが参照)。

       ENOTCONN
              指定されたソケットは接続されていない。

       ENOTSOCK
              sockfd がソケットでなくファイルである。

準拠
       POSIX.1-2001, 4.4BSD (shutdown()  関数コールは 4.2BSD で初めて登場した)。

注意
       SHUT_RD, SHUT_WR, SHUT_RDWR の各定数 (それぞれ 0, 1, 2 の値を持つ) は glibc-2.1.91 以降、
       <sys/socket.h> で定義されている。

バグ
       現在の実装では how の妥当性チェックはドメイン固有のコードの中で行われているが、 すべてのドメインでこれらのチェックが行われている訳ではない。
       中でも注意すべきは、 UNIX ドメインソケットでは無効な値は単に無視される点である。 これは将来変更されるかもしれない。

関連項目
       connect(2), socket(2), socket(7)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



Linux                              2012-09-06                        SHUTDOWN(2)