shutdown

SHUTDOWN(2)                 Linux Programmer's Manual                SHUTDOWN(2)



名前
       shutdown - 全二重接続の一部を遮断する。

書式
       #include <sys/socket.h>

       int shutdown(int s, int how);

説明
       shutdown コールは s に関連づけられているソケットによる全二重接続(full-duplex connection)の
       一部または全てを遮断する。 how が 0 ならば、それ以降の受信を禁止する。 how が 1 ならば、それ以降の送信を禁止する。 how が 2
       ならば、それ以降の送受信を禁止する。

返り値
       成功した場合にはゼロを返す。失敗した場合には -1 を返し、 errno が適切に設定される。

エラー
       EBADF   s が有効なディスクリプター(descriptor)でない。

       ENOTSOCK
               s がソケットでなくファイルである。

       ENOTCONN
               指定されたソケットは接続されていない。

準拠
       4.4BSD ( shutdown 関数コールは 4.2BSD で最初に現われた )。

関連項目
       connect(2), socket(2)



BSD Man Page                      24 July 1993                       SHUTDOWN(2)