stone

stone(1)                     General Commands Manual                    stone(1)



NAME
       stone - Simple TCP/UDP Packet Repeater

SYNOPSYS
       stone [-d] [-n] [-u max] [-f n] [-l] [-z SSL] st [-- st]...

OPTIONS
       -d     デバッグレベルを増加させます。

       -z     SSL 暗号化のオプションです。

       -n     ホスト名やサービス名の代わりに IP アドレスやサービス番号を表示します。

       -u     同時に記憶できる UDP パケットの発信元の最大数を指定します。 デフォルトは 10 です。

       -f     子プロセスの数を指定します。デフォルトは子プロセス無しです。

       -l     エラーメッセージ等を syslog へ出力します。


       st     次のいずれかです。st は「--」で区切ることにより、 複数個指定できます。
              (1)    host:port sport [xhost ...]
              (2)    host:port shost:sport [xhost ...]
              (3)    display [xhost ...]
              (4)    proxy sport [xhost ...]
              (5)    host:port/http request [hosts ...]
              (6)    host:port/proxy header [hosts...]

       stone を実行しているマシンのポート sport への接続を、他のマシ ン host のポート port
       へ中継します。インタフェースを複数持つ マシンでは、(2) のようにインタフェースのアドレス shost を指定
       することにより、特定のインタフェースへの接続のみを転送することが できます。


       display [xhost ...]
              X プロトコル中継のための省略記法です。ディスプレイ番号 display への接続を、環境変数 DISPLAY で指定した X
              サーバへ転送 します。

       proxy sport [xhost ...]
              http proxy です。WWW ブラウザの http proxy の設定で、 stone を実行しているマシンおよびポート
              sport を指定します。

       host:port/http request [hosts ...]
              http リクエストにのせてパケットを中継します。request は HTTP 1.0 で規定されるリクエストです。

       host:port/proxy header [hosts...]
              http リクエストヘッダの先頭に header を追加して中継し ます。

       xhost を列挙することにより、stone へ接続可能なマシンを制限する ことができます。マシン名、あるいはその IP アドレスを空白で区切っ
       て指定すると、そのマシンからの接続のみを中継します。

       xhost に「/mask」を付けると、特定のネットワークのマシンから の接続を許可することができます。例えば、クラス C のネットワーク
       192.168.1.0 の場合は、「192.168.1.0/255.255.255.0」と指定します。

       sport に「/udp」を付けると、TCP パケットを中継する代わりに、 UDP パケットを中継します。

       port に「/ssl」を付けると、パケットを SSL で暗号化して中継します。

       sport に「/ssl」を付けると、SSL で暗号化されたパケットを復号化 して中継します。

       sport に「/http」を付けると、http リクエスト上のパケットを中継 します。


DESCRIPTION
       stone は、アプリケーションレベルの TCP & UDP パケットリピーターです。 ファイアウォールの内から外へ、あるいは外から内へ、TCP
       パケットあるいは UDP パケットを中継します。

       stone には以下のような特徴があります。

       1. Win32 に対応している
              以前は UNIX マシンで構成されることが多かったファイアウォールです が、最近は WindowsNT
              が使われるケースが増えてきました。stone は WindowsNT あるいは Windows95
              上で手軽に実行することができます。 もちろん、Linux, FreeBSD, BSD/OS, SunOS, Solaris, HP-
              UX などの UNIX マシンでも使うことができます。

       2. 単純  わずか 2000 行 (C 言語) ですので、セキュリティホールが生じる可能 性を最小限にできます。

       3. SSLeay 対応
              Eric Young 氏の SSLeay を使うことにより、暗号化/復号化してパケッ トを中継できます。

       4. http proxy
              簡易型 http proxy としても使うことができます。


EXAMPLE
       outer:    ファイアウォールの外側にあるマシン
       inner:    ファイアウォールの内側にあるマシン
       fwall:    ファイアウォール. このマシン上で stone を実行

       stone 7 outer
              DISPLAY で指定した X server へ X プロトコルを中継
              outer DISPLAY=inner:7 と設定して X クライアントを実行

       stone outer:telnet 10023
              outer へ telnet プロトコルを中継
              inner で telnet fwall 10023 を実行

       stone outer:domain/udp domain/udp
              DNS 問い合わせを outer へ中継
              inner nslookup - fwall を実行

       stone outer:ntp/udp ntp/udp
              outer へ NTP を中継
              inner ntpdate fwall を実行

       stone localhost:http 443/ssl
              WWW サーバを https 対応にする
              WWW ブラウザで https://fwall/ をアクセス

       stone localhost:telnet 10023/ssl
              telnet を SSL 化
              inner SSLtelnet -z ssl fwall 10023 を実行

       stone proxy 8080
              http proxy

       fwall が http proxy (port 8080) である時:

       stone fwall:8080/http 10023 'POST http://outer:8023 HTTP/1.0'
       stone localhost:telnet 8023/http
              inner outer でそれぞれ stone を実行
              http 上でパケットを中継

       stone fwall:8080/proxy 9080 ´Proxy-Authorization: Basic c2VuZ29rdTpoaXJvYWtp´
              proxy 認証に対応していないブラウザ用

COPYRIGHT
       この stone に関する全ての著作権は、原著作者である仙石浩明が所有 します。この stone は、GNU General Public
       License (GPL) に準ずる フリーソフトウェアです。個人的に使用する場合は、改変・複製に制限 はありません。配布する場合は GPL
       に従って下さい。


DISCLAIMER
       この stone は無保証です。この stone を使って生じたいかなる損害に 対しても、原著作者は責任を負いません。詳しくは GPL
       を参照して下 さい。


AUTHOR
       仙石 浩明
       sengoku@gcd.org
       http://www.gcd.org/sengoku/



                                   Version 2.0                          stone(1)