strcpy

STRCPY(3)                   Linux Programmer's Manual                  STRCPY(3)



名前
       strcpy, strncpy - 文字列をコピーする

書式
       #include <string.h>

       char *strcpy(char *dest, const char *src);

       char *strncpy(char *dest, const char *src, size_t n);

説明
       strcpy()関数は src(終端文字`\0'を含む)をポインタとする文字列を destをポインタとする配列にコピーする。
       二つの文字列は重ならない。 受け側の文字列であるdestはコピーを受け取るのに十分な 程度に大きくなければならない。

       srcnバイトを越えない数の文字がコピーされることを 除けば、strncpy()関数も同様である。 したがって、もし
       srcの最初のnバイトの中にNULLが無ければ、 コピーの結果としてできる文字列はNULLで終了していないものになる。

       src の長さが n よりも少ない場合は、 dest の残りはNULLで埋められる。

返り値
       strcpy()関数とstrncpy()関数は 受け側の文字列destへのポインタを返す。

準拠
       SVID 3, POSIX, BSD 4.3, ISO 9899

関連項目
       bcopy(3), memccpy(3), memcpy(3), memmove(3)







GNU                              April 11, 1993                        STRCPY(3)