strip

strip(1)                      GNU Development Tools                     strip(1)



名前
       strip - オブジェクトファイルからシンボルを切り捨てる


書式
       strip  [-F bfdname | --target=bfdname]
              [-I bfdname | --input-target=bfdname]
              [-O bfdname | --output-target=bfdname]
              [-R sectionname | --remove-section=sectionname] [-s | --strip-all]
              [-S | -g | --strip-debug] [--strip-unneeded] [-x | --discard-all]
              [-X | --discard-locals] [-K symbolname | --keep-symbol=symbolname]
              [-N symbolname | --strip-symbol=symbolname] [-o fileR]
              [-p | --preserve-dates] [-v | --verbose] [-V | --version]
              [-V | --help] objfile...


説明
       GNU strip はオブジェクトファイル objfile から全てのシンボルを切り捨てる。オブジェクトファイルのリストには書庫
       (archive) を指定することもできる。最低ひとつのオブジェクトファイルを指 定する必要がある。


       strip は修正した内容を別のファイルに書き出すのではなく、引き数に指 定されたファイルを直接修正する。


オプション
       -F bfdname

       --target=bfdname
              オリジナルの objfile のオブジェクトコードフォーマットを bfdname として取り扱う。また bfdname
              に指定されたフォーマットで書き戻す。


       --help strip のオプションの要約を表示して終了する。


       -I bfdname

       --input-target=bfdname
              オリジナルの objfile のオブジェクトコードフォーマットを bfdname として取り扱う。


       -O bfdname

       --output-target=bfdname
              objfile bfdname フォーマットの出力で書き換える。


       -R sectionname

       --remove-section=sectionname
              ファイルから指定した名前のセクションを削除する。このオプションは複数指
              定できる。このオプションを誤ってもちいると、オブジェクトファイルが使い 物にならなくなる可能性がある。


       -s

       --strip-all
              全てのシンボルを削除する。


       -S

       -g

       --strip-debug
              デバッギングシンボルのみを削除する。


       --strip-unneeded
              リロケーション処理に不必要なシンボルを全て削除する。


       -N symbolname

       --strip-symbol=symbolname
              元のファイルから symbolname というシンボルを削除する。このオプションは複数用いることもできるし、他
              のオプションと同時に指定することもできる。


       -o file
              strip 処理を行った結果を元のファイルと置き換えるのではなく、 file に書き出す。この引数が用いられた場合には
              objfile に指定できる引数はひとつだけである。


       -p

       --preserve-dates
              ファイルのアクセス時刻、修正時刻を変更しない。


       -x

       --discard-all
              グローバルでないシンボルを削除する。


       -X

       --discard-locals
              コンパイラによって生成されたローカルなシンボルを削除する (これらは通常 ``L'' または ``.'' で始まる文字列である)。


       -K symbolname, --keep-symbol=symbolname
              シンボル symbolname だけを元のファイルからコピーする。このオプションは複数指定することがで きる。


       -N symbolname, --strip-symbol=symbolname
              シンボル symbolname を元のファイルからコピーしない。このオプションは複数指定することができ、 また -K
              以外の他のオプションと組み合わせることもできる。


       -v

       --verbose
              饒舌出力モード。変更された全てのオブジェクトファイルをリストする。書庫 の場合に strip -v
              とすると、書庫内のメンバー全てをリストする。


       -V

       --version
              strip のバージョン番号を表示して終了する。


関連項目
       info の ` binutils ' エントリ、 The GNU Binary Utilities, Roland H. Pesch
       (October 1991)


著作権
       Copyright (c) 1991 Free Software Foundation, Inc.

       Permission is granted to make and distribute verbatim copies of this
       manual provided the copyright notice and this permission notice are
       preserved on all copies.

       Permission is granted to copy and distribute modified versions of this
       manual under the conditions for verbatim copying, provided that the
       entire resulting derived work is distributed under the terms of a
       permission notice identical to this one.

       Permission is granted to copy and distribute translations of this manual
       into another language, under the above conditions for modified versions,
       except that this permission notice may be included in translations
       approved by the Free Software Foundation instead of in the original
       English.



cygnus support                   5 November 1991                        strip(1)