strtoul

STRTOUL(3)                  Linux Programmer's Manual                 STRTOUL(3)



名前
       strtoul, strtoull, strtouq - 文字列を unsigned long int に変換する

書式
       #include <stdlib.h>

       unsigned long int strtoul(const char *nptr, char **endptr, int base);

       unsigned long long int strtoull(const char *nptr, char **endptr,
                                       int base);

   glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7)  参照):

       strtoull():
           XOPEN_SOURCE >= 600 || _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _ISOC99_SOURCE
           || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L;
           または cc -std=c99

説明
       strtoul()  関数は、 nptr の文字列の最初の部分を、 base を基数として unsigned long int に変換する。 この
       base は 2 から 36 までの値 あるいは特別な意味を持つ値 0 でなければならない。

       文字列の先頭には、任意の数の空白があってもよく (空白は isspace(3) で判定される)、また数字の直前には '+' か '-' の
       符号があってもよい。 base が 0 または 16 の場合には、文字列の先頭に "0x" を置くことが でき、その場合には文字列は
       16進数として扱われる。 これ以外の文字列で base が 0 の場合は、 文字列が '0' で始まるときは 8進数として、 それ以外のときは
       10進数として扱われる。

       文字列の残りの部分は unsigned long int に変換されるが、基数に対して
       有効でない数字が現れた時点で変換は終了する。(11進数以上では 'A' は 大文字・小文字に関わらず 10 を表し、 'B' は 11 を表現し,
       以下同様に、 'Z' は 35 を表す。)

       endptr がヌル値 (NULL) でない場合、 strtoul()  は最初に不正な文字が現れたアドレスを *endptr に格納している。
       文字列に有効な数字がひとつもなければ、 strtoul()  は nptr の元の値を *endptr に代入する(そして 0 を返す)。 特に、
       *nptr が '\0' 以外で、返された **endptr が '\0' ならば、文字列全体が有効だったことになる。

       strtoull()  関数は strtoul()  関数と同様だが、 unsigned long long int 型の値を返す。

返り値
       strtoul()  関数は変換結果を返す。文字列がマイナス符号から始まっていた場 合は、(符号反転前の値がオーバーフローしていなければ)
       変換結果を符号反転した 値を unsigned 型で返す。変換でオーバーフローが発生した場合は ULONG_MAX を返し、 errno ERANGE を設定する。 (ULONG_MAX ULLONG_MAX と読み替えれば)  strtoull()  は strtoul()
       と全く同じである。

エラー
       EINVAL (C99 にはない) 指定された base がサポートされていない値である。

       ERANGE 結果の値が範囲外である。

       実装によっては、変換が行われなかった場合 (数字がなく、0 を返した場合)、 errno EINVAL が設定される場合がある。

属性
   マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
       関数 strtoul(), strtoull(), strtouq() は、例外付きのスレッドセーフである。実行中に setlocale(3)
       を呼び出してロケールを変更しない限り、マルチスレッドアプリケーションで安全に使用することができる。

準拠
       strtoul()  は SVr4, C89, C99 と POSIX-2001 に準拠している。 strtoull()  は C99 と
       POSIX.1-2001 に準拠している。

注意
       strtoul () からは成功、失敗どちらの場合でも 0 や ULONG_MAX (strtoull()  では ULLONG_MAX)
       が返る可能性があるので、 プログラムは関数を呼び出す前に errno を 0 に設定し、呼び出し後に errno が 0
       以外の値かどうかを確認しエラーが発生したかどうかを判断する 必要がある。

       "C" 以外のロケールの場合、その他の文字列も受け付けられるかもしれない。 (例えば、現在のロケールの 1000
       毎の区切り文字に対応しているかもしれない。)

       BSD には、

           u_quad_t strtouq(const char *nptr, char **endptr, int base);

       という完全に同様の定義を持つ関数がある。 使用中のアーキテクチャーのワード長次第であるが、この関数は strtoull()  や stroul()
       と等価な場合もありえる。

       負の値も正当な入力とみなされ、エラーもなく、 対応する unsigned long int 型の値に変換される。


       strtol(3)  のマニュアルページの例を参照。 このページで説明した関数の使用方法も同様である。

関連項目
       atof(3), atoi(3), atol(3), strtod(3), strtol(3)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



GNU                                2014-03-18                         STRTOUL(3)