sysconf

SYSCONF(3)                  Linux Programmer's Manual                 SYSCONF(3)



名前
       sysconf - 動作中に設定情報を取得する

書式
       #include <unistd.h>

       long sysconf(int name);

説明
       POSIX では、アプリケーションがコンパイル時や実行時に、 特定のオプションがサポートされているかや、 設定可能な特定の定数や制限
       (limits) がどんな値かをテストすることができる。

       コンパイル時に行うには、 <unistd.h> <limits.h> の両方もしくは一方をインクルードし、 特定のマクロの値を確認する。

       実行時には、ここで説明する関数 sysconf()  を使って数値を問い合わせることができる。 ファイルが存在するファイルシステムに関する数値は、
       fpathconf(3)pathconf(3)  を使って確認できる。 文字列の値は confstr(3) を使って確認できる。

       これらの関数で取得される値は設定可能なシステム定数である。 これらはプロセスの生存期間の間は変化しない。

       オプションを確認できるように、たいていは <unistd.h> で定数 _POSIX_FOO が定義されている。
       定義されていないときは、実行時に問い合わせを行う必要がある。 その値が -1 に定義されているときは、そのオプションはサポートされていない。 0
       に定義されているときは、関連する関数やヘッダーファイルが存在するが、 どの程度サポートされているかは実行時に確認しなければならない。 -1 でも
       0 でもない値に定義されているときは、そのオプションがサポート されている。通常は、そのオプションについて記載した POSIX の改訂年月
       を示す値になっている (例えば 200112L)。 glibc では 1 が設定されていると、そのオプションはサポートされているが、 POSIX
       の改訂版がまだ発行されていないことを示す。 sysconf()  の引き数には _SC_FOO を指定する。 オプションのリストについては
       posixoptions(7)  を参照のこと。

       変数や制限を確認できるように、たいていは、 <limits.h> で定数 _FOO が、 <unistd.h> で _POSIX_FOO
       が定義されている。 制限が規定されていない場合は定数は定義されない。 定数が定義されているときには、その定数は保証できる値であり、
       実際にはもっと大きな値がサポートされていることもある。 アプリケーションがシステム毎に変化する値を利用したい場合には、 sysconf()
       を呼び出すことで実現できる。 sysconf() の引き数には _SC_FOO を指定する。

   POSIX.1 変数
       変数名、その値を取得するのに使われる sysconf()  のパラメーター名、簡単な説明を以下に示す。

       まず POSIX.1 互換の変数を示す。

       ARG_MAX - _SC_ARG_MAX
              exec(3)  関数群の引き数の最大長。 _POSIX_ARG_MAX (4096) 未満であってはならない。

       CHILD_MAX - _SC_CHILD_MAX
              ユーザーID あたりの同時に存在できるプロセスの最大数。 _POSIX_CHILD_MAX (25) 未満であってはならない。

       HOST_NAME_MAX - _SC_HOST_NAME_MAX
              gethostname(2)  で返されるホスト名の最大長。末尾のヌルバイトは長さに含まれない。
              _POSIX_HOST_NAME_MAX (255) 未満であってはならない。

       LOGIN_NAME_MAX - _SC_LOGIN_NAME_MAX
              ログイン名の長さの最大値。末尾のヌルバイトも長さに含まれる。 _POSIX_LOGIN_NAME_MAX (9)
              未満であってはならない。

       NGROUPS_MAX - _SC_NGROUPS_MAX
              補助グループ ID の最大数。

       clock ticks - _SC_CLK_TCK
              1秒あたりのクロックティック数。 対応する変数は廃止された。この変数は当然ながら CLK_TCK と呼ばれていた。 (注意: マクロ
              CLOCKS_PER_SEC からは情報は得られない: この値は 1000000 でなければならない)

       OPEN_MAX - _SC_OPEN_MAX
              一つのプロセスが同時にオープンできるファイル数の上限。 _POSIX_OPEN_MAX (20) 未満であってはならない。

       PAGESIZE - _SC_PAGESIZE
              バイト単位でのページサイズ。 1 より小さくなってはならない。 (この代わりに PAGE_SIZE を使うシステムもある)

       RE_DUP_MAX - _SC_RE_DUP_MAX
              regexec(3)regcomp(3)  で許容されている BRE (Basic Regular Expression;
              基本正規表現)  の繰り返し出現回数の最大値。 _POSIX2_RE_DUP_MAX (255) 未満であってはならない。

       STREAM_MAX - _SC_STREAM_MAX
              一つのプロセスが同時にオープンできるストリーム数の上限。 定義されていた場合には、この値は標準 C マクロの FOPEN_MAX
              と同じである。 _POSIX_STREAM_MAX (8) 未満であってはならない。

       SYMLOOP_MAX - _SC_SYMLOOP_MAX
              パス名の解決時に現れてもよいシンボリックリンクの最大数。 この数を超えると、パス名解決時に ELOOP が返される。
              _POSIX_SYMLOOP_MAX (8) 未満であってはならない。

       TTY_NAME_MAX - _SC_TTY_NAME_MAX
              端末デバイス名の最大長。長さには末尾のヌルバイトも含まれる。 _POSIX_TTY_NAME_MAX (9)
              未満であってはならない。

       TZNAME_MAX - _SC_TZNAME_MAX
              タイムゾーン名として使えるバイト数の最大値。 _POSIX_TZNAME_MAX (6) 未満であってはならない。

       _POSIX_VERSION - _SC_VERSION
              POSIX.1 標準が承認された年月。 YYYYMML という書式である。 199009L という値は、1990年 9月
              改訂であることを示す。

   POSIX.2 変数
       次に、POSIX.2 の値を示す。 これらは各ユーティリティに対する制限を指定する。

       BC_BASE_MAX - _SC_BC_BASE_MAX
              bc(1)  ユーティリティで許容される obase の最大値。

       BC_DIM_MAX - _SC_BC_DIM_MAX
              bc(1)  で許容される一つの配列中の要素数の最大値。

       BC_SCALE_MAX - _SC_BC_SCALE_MAX
              bc(1)  で許される scale の最大値。

       BC_STRING_MAX - _SC_BC_STRING_MAX
              bc(1)  で許容される文字列の最大長。

       COLL_WEIGHTS_MAX - _SC_COLL_WEIGHTS_MAX
              ロケール定義ファイル中の LC_COLLATE order キーワードのエントリーに割り当て可能な重みの最大値。

       EXPR_NEST_MAX - _SC_EXPR_NEST_MAX
              expr(1)  において、括弧で入れ子にできる式の最大数。

       LINE_MAX - _SC_LINE_MAX
              ユーティリティの入力行の最大長。標準入力だけでなく、ファイルからの入力にも 適用される。長さには行の末尾の改行文字も含まれる。

       RE_DUP_MAX - _SC_RE_DUP_MAX
              正規表現で区間表記 (interval notation)  \{m,n\} が使用されたときに許容される繰り返し出現回数の最大値。

       POSIX2_VERSION - _SC_2_VERSION
              POSIX.2 標準のバージョン。YYYYMML という書式で表記される。

       POSIX2_C_DEV - _SC_2_C_DEV
              POSIX.2 の C 言語開発機能がサポートされているかを示す。

       POSIX2_FORT_DEV - _SC_2_FORT_DEV
              POSIX.2 の FORTRAN 開発ユーティリティがサポートされているかを示す。

       POSIX2_FORT_RUN - _SC_2_FORT_RUN
              POSIX.2 の FORTRAN ランタイムユーティリティがサポートされているかを示す。

       _POSIX2_LOCALEDEF - _SC_2_LOCALEDEF
              localedef(1)  を使った、POSIX.2 のロケールの作成をサポートしているかを示す。

       POSIX2_SW_DEV - _SC_2_SW_DEV
              POSIX.2 ソフトウェア開発ユーティリティオプションがサポートされているかを示す。

       以下の値も存在するが、標準には含まれていない。

        - _SC_PHYS_PAGES
              物理メモリーのページ数。 この値と _SC_PAGESIZE 値の積は桁溢れする可能性があるので注意すること。

        - _SC_AVPHYS_PAGES
              現在利用可能な物理メモリーのページ数。

        - _SC_NPROCESSORS_CONF
              設定されたプロセッサ数。

        - _SC_NPROCESSORS_ONLN
              現在オンラインの (利用可能な) プロセッサ数。

返り値
       name が不正な場合、-1 が返され、 errno EINVAL が設定される。 それ以外の場合、システムリソースの値が返り値として返され、
       errno は変更されない。問い合わせがオプションに関するものであれば、 そのオプションが利用できる場合には正の値が返され、 利用できない場合には
       -1 が返される。 問い合わせが制限に関するものであれば、その制限が設定されていない場合に -1 が返される。

準拠
       POSIX.1-2001.

バグ
       ARG_MAX を使うのは難しい、なぜなら、 exec(3)  の引き数領域 (argument space) のうちどれくらいが
       ユーザーの環境変数によって使われるかは分からないからである。

       いくつかの返り値はとても大きくなることがある。これらを使って メモリーの割り当てを行うのは適当ではない。

関連項目
       bc(1), expr(1), getconf(1), locale(1), confstr(3), fpathconf(3),
       pathconf(3), posixoptions(7)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



GNU                                2014-12-31                         SYSCONF(3)