ulimit

ULIMIT(3)                   Linux Programmer's Manual                  ULIMIT(3)



名前
       ulimit - ユーザー制限を取得・設定する

書式
       #include <ulimit.h>

       long ulimit(int cmd, long newlimit);

説明
       注意: このルーチンは古い。 代わりに getrlimit(2), setrlimit(2), sysconf(3) などを用いること。
       シェルコマンドとしての ulimit()  については、 bash(1)  を見ること。

       ulimit()  は呼び出し元のプロセスに関する制限のいくつかを取得・設定する。 cmd
       引き数には、以下の値のうちのどれか一つを与えることができる。

       UL_GETFSIZE
              ファイルサイズに関する制限を返す。単位は 512 バイト。

       UL_SETFSIZE
              ファイルサイズに関する制限を設定する。

       3      (Linux では実装されていない)  データセグメントで指定できるアドレスの最大値を返す。

       4      (実装されているが、対応するシンボリックな定数は存在しない)  プロセスがオープンできるファイル数の最大値を返す。

返り値
       成功すると ulimit()  は 0 または正の値を返す。 エラーが生じると -1 を返し、 errno を適切な値に設定する。

エラー
       EPERM  非特権プロセスが制限値を増加させようとした。

準拠
       SVr4, POSIX.1-2001.  POSIX.1-2008 は ulimit()  を廃止予定としている。

関連項目
       bash(1), getrlimit(2), setrlimit(2), sysconf(3)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



Linux                              2008-08-06                          ULIMIT(3)