unsetenv

SETENV(3)                   Linux Programmer's Manual                  SETENV(3)



名前
       setenv - 環境変数を変更または追加する

書式
       #include <stdlib.h>

       int setenv(const char *name, const char *value, int overwrite);

       int unsetenv(const char *name);

   glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7)  参照):

       setenv(), unsetenv():
           _BSD_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L || _XOPEN_SOURCE >= 600

説明
       setenv()  関数は、name が存在しない場合 環境変数 name に値 value を設定し、環境に追加する。 name
       が環境に存在する場合、overwrite が 0 以外ならば その値を value に変更し、overwrite が 0 ならば name
       の値を変更しない (setenv() は成功のステータスを返す)。 この関数は、 (putenv(3) と違い)  name value
       により参照される文字列のコピーを行う。

       unsetenv()  関数は、変数 name を環境から削除する。 name が環境にない場合、この関数は成功し、環境は変更されない。

返り値
       setenv()  関数は、成功すると 0 を返す。 エラーの場合、-1 を返し、 errno にエラーの原因を示す値がセットされる。

       unsetenv()  関数は、成功すると 0 を返す。 エラーの場合は -1 を返し、 errno を設定してエラーの原因を示す。

エラー
       EINVAL name が NULL であるか、長さが 0 の文字列を指しているか、 '=' 文字が含まれている。

       ENOMEM 環境に新しい変数を追加するのに十分なメモリーがない。

準拠
       4.3BSD, POSIX.1-2001.

注意
       POSIX.1-2001 は、 setenv()  や unsetenv()  がリエントラント (再入可能) であることを要求していない。

       glibc 2.2.2 以前では、 unsetenv()  は 返り値が void のプロトタイプであった。 もっと最近の glibc
       版は、「書式」セクションで示しているように POSIX.1-2001 互換のプロトタイプである。

バグ
       POSIX.1-2001 では 「name に '=' 文字が含まれる場合、 setenv()  はエラー EINVAL
       で失敗すべきである」と述べられている。 しかし 2.3.4 より前のバージョンの glibc では、 name に '='
       文字が含まれるのを許している。

関連項目
       clearenv(3), getenv(3), putenv(3), environ(7)

この文書について
       この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部
       である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。



GNU                                2013-10-11                          SETENV(3)