uudecode

名称
     uuencode — uuencode ファイルのフォーマット

解説
     uuencode(1) によって出力されるファイルは、ヘッダ行、それに続く本体の行、 およびトレーラ行から構成されています。 uudecode(1)
     コマンドはヘッダ行の前やトレーラ行の後ろにある行を無視します。 ヘッダの前にある行は、当然ヘッダのようには見えてはいけません。

     ヘッダ行は行の先頭にある 6 文字 “begin ” (最後の空白に注意) によって識別されます。 begin の後ろには (8 進数の)
     モード、そしてリモートファイルの名前を指定する 文字列が続きます。 空白がヘッダ行中の 3 つの要素を分けています。

     本体は、それぞれが最大 62 文字 (行末の改行を含みます) の行から 構成されています。これらは文字カウント、それに続く符号化された文字、
     それに続く改行からなります。 文字カウントは印刷可能な 1 文字で、その行の残りのバイト数を整数で表して います。 その整数は常に 1 から 45
     または 64 の範囲にあり、その文字から空白文字 (8 進数で 40) を引く事によって決定可能です。文字 64 は 0 のカウントを 表しています。

     3 バイトのグループが 4 文字に (訳注: 3 バイト (24 ビット) を 1 グループとしこれを 4 つに分けて 4 文字に) 、つまり 6
     ビットが 1 文字に蓄えられます。 すべての文字はいつも 1 から 64 の範囲にあり印刷可能な文字にするために 空白文字 (8 進数で 40)
     でかさあげされます。 文字 64 は 0 のカウントを表します。 最後の行は通常の 45 バイトより短くてもかまいません。 もしサイズが 3
     の倍数でない場合、 そのことは最終行のカウントの値を見ればわかります。 文字カウントを 4 の倍数にするために、余分なゴミが含まれる事があります。
     本体は、0 のカウントを持つ行で終了します。 この行は ASCII バッククォート (8 進数で 140) の 1 文字からなります。

     トレーラ行は “end” だけの行からなります。

関連項目
     mail(1), uucp(1), uudecode(1), uuencode(1)

歴史
     uuencode ファイルフォーマットは 4.0BSD から登場しました。