xfce4-terminal

XFCE4-TERMINAL(1)                     Xfce                     XFCE4-TERMINAL(1)



NAME
       xfce4-terminal - X ターミナルエミュレーター

書式
       xfce4-terminal [OPTION...]

解説
       xfce4-terminal は X
       ターミナルエミュレーターとして知られるものの一つで、ターミナルあるいはシェルと呼ばれることが多いようです。あなたのデスクトップにやもすると大昔の文字スクリーンを思わせるようなものを持ち込んできますが、他のグラフィカルなアプリケーションと画面上に共存することに何の問題もありません。Windows
       ユーザーには MS-DOS プロンプトというユーティリティ (Windows 環境下において DOS コマンドラインでの作業を可能にする類似機能)
       に詳しい方がいるかもしれませんが UNIX の CLI は能力的に遥かに勝っていて使いやすいという事をぜひとも知って頂きたいと思います。

       xfce4-terminal は X コンソーシアムが開発したアプリケーション xterm の動作をエミュレートします。ではその xterm
       はと言うと、これは DEC の VT102 ターミナルをエミュレートしていて、DEC VT220
       エスケープシーケンスも同様にサポートします。エスケープシーケンスとは、文字 Esc で始まる一連なりの文字列のことです。VT102 や VT220
       ターミナルがカーソルの位置を定めたり画面をクリアするような機能に使用する、これらエスケープシーケンスのすべてを xfce4-terminal
       は受け付けます。

オプション
   オプション一覧
       以下はすべてのオプションをタイプ別にまとめた一覧です。それぞれの説明は後述のセクションにあります。

       一般オプション
           -h, --help; -V, --version; --disable-server; --color-table;
           --default-display=ディスプレイ; --default-working-directory=ディレクトリ

       ウィンドウまたはタブセパレーター
           --tab; --window

       タブオプション
           -x, --execute; -e, --command=コマンド; --working-directory=ディレクトリ; -T,
           --title=タイトル; -H, --hold

       ウィンドウオプション
           --display=ディスプレイ; --drop-down; --geometry=ジオメトリ; --role=ロール;
           --startup-id=文字列; -I, --icon=アイコン; --fullscreen; --maximize;
           --show-menubar, --hide-menubar; --show-borders, --hide-borders;
           --show-toolbars, --hide-toolbars

   一般オプション
       -h, --help
           xfce4-terminal がサポートする様々なコマンドラインオプションをリストして終了します。

       -V, --version
           バージョン情報を表示して終了します。

       --disable-server
           D-BUS セッションのメッセージバスに登録しません。

       --color-table
           色コードを返します。

       --default-display=ディスプレイ
           デフォルトで使用する X ディスプレイを指定します。

       --default-working-directory=ディレクトリ
           ターミナルのデフォルト作業ディレクトリをディレクトリに指定します。

   ウィンドウまたはタブセパレーター
       --tab
           最後に指定されたウィンドウで新しい一つのタブを開きます。このオプションは他と一緒に使用できます。

           これを最初のオプションとし、--window separators を指定しない場合、最後のウィンドウが再使用されます。

       --window
           一つのタブを含む一つのウィンドウを開きます。このオプションは他と一緒に使用できます。

   タブオプション
       -x, --execute
           続くコマンドラインをターミナル内で実行します。

       -e, --command=コマンド
           ターミナル内でコマンドを実行します。

       --working-directory=ディレクトリ
           ターミナルの作業ディレクトリにするディレクトリを指定します。

       -T, --title=タイトル
           ターミナルの最初のウィンドウのタイトルとしてタイトルを付けます。

       -H, --hold
           子コマンドが終了してもターミナルをそのままにしておきます。

   ウィンドウオプション
       --display=ディスプレイ
           最後に指定されたウィンドウで使用する X ディスプレイを指定します。

       --drop-down
           ドロップダウンモードでウィンドウを開始します (Quake
           スタイルターミナルとも呼ばれます)。このオプションはウィンドウを開始する初回のみ適用されます。これはキーボードの設定でショートカットを割り当てて使用するのが良いでしょう。

       --geometry=ジオメトリ
           最後に指定されたウィンドウのジオメトリをジオメトリに指定します。ジオメトリの指定方法についての詳しい情報は X(7) をご覧下さい。

       --role=ロール
           最後に指定されたウィンドウのウィンドウロールをロールに指定します。一つのウィンドウのみに適用され、コマンドラインから立ち上げるそれぞれのウィンドウに対して一度ずつ指定できます。ロールはウィンドウに対する一意の識別子でセッションの復元時に使用されます。

       --startup-id=文字列
           最後に指定されたウィンドウに起動通知 ID を指定します。D-BUS サービスを使用している時はこの起動通知 ID
           を転送するために内部で利用されます。

       -I, --icon=アイコン
           ターミナルのアイコンをアイコン名またはファイル名で指定します。

       --fullscreen
           最後に指定したウィンドウを全画面モードにします。一つのウィンドウのみに適用されます。コマンドラインから立ち上げるそれぞれのウィンドウに対して一度ずつ指定できます。

       --maximize
           最後に指定したウィンドウを最大化します。一つのウィンドウのみに適用されます。コマンドラインから起動するそれぞれのウィンドウに対して一度ずつ指定できます。

       --show-menubar
           最後に指定したウィンドウでメニューバーを表示します。一つのウィンドウのみに適用されます。コマンドラインから立ち上げるそれぞれのウィンドウに対して一度ずつ指定できます。

       --hide-menubar
           最後に指定したウィンドウでメニューバーを非表示にします。一つのウィンドウのみに適用されます。コマンドラインから立ち上げるそれぞれのウィンドウに対して一度ずつ指定できます。

       --show-borders
           最後に指定したウィンドウでウィンドウの枠を表示します。一つのウィンドウのみに適用されます。コマンドラインから立ち上げるそれぞれのウィンドウに対して一度ずつ指定できます。

       --hide-borders
           最後に指定したウィンドウでウィンドウの枠を非表示にします。一つのウィンドウのみに適用されます。コマンドラインから立ち上げるそれぞれのウィンドウに対して一度ずつ指定できます。

       --show-toolbars
           最後に指定したウィンドウでツールバーを表示します。一つのウィンドウのみに適用されます。コマンドラインから立ち上げるそれぞれのウィンドウに対して一度ずつ指定できます。

       --hide-toolbars
           最後に指定されたウィンドウのツールバーを非表示にします。一つのウィンドウのみに適用されます。コマンドラインから立ち上げるそれぞれのウィンドウに対して一度ずつ指定できます。

使用例
       xfce4-terminal --geometry 80x40 --command mutt --tab --command mc
           ターミナルウィンドウを幅 80 桁・高さ 40 行、2 つのタブで開き、最初のタブで mutt を、2 つ目のタブで mc
           コマンドを実行します。

環境変数
       xfce4-terminal はそのデータおよび設定ファイルの場所を探す際に、Freedesktop.org[1]
       で策定されている基本フォルダーの仕様 (Basedir Specification)
       に従います。従って、各ファイルの位置は、この仕様に記述されているフォルダーの相対パスとして指定されます。

       ${XDG_CONFIG_HOME}
           設定ファイルを見に行く最初の基本フォルダーです。デフォルトでは ~/.config/ になっています。

       ${XDG_CONFIG_DIRS}
           設定データを含む基本フォルダーのリストで、各フォルダーはコロンで区切られています。デフォルトではアプリケーションは
           ${sysconfdir}/xdg/ を参照します。${sysconfdir}
           の値はプログラムがどのようにビルドされたかによって変わります。バイナリ配布されるパッケージでは /etc/ になることが多いようです。

       ${XDG_DATA_HOME}
           ユーザー個別のデータファイルすべてのルートフォルダーです。デフォルトでは ~/.local/share/ になっています。

       ${XDG_DATA_DIRS}
           基本フォルダー ${XDG_DATA_HOME}
           に加えてデータファイルを探す基本フォルダーを並べていきます。フォルダーはコロンで区切る必要があります。

ファイル
       ${XDG_CONFIG_DIRS}/xfce4/terminal/terminalrc
           xfce4-terminal の見た目を管理する環境設定が含まれる設定ファイルの場所です。

関連項目
       bash(1), X(7)

AUTHORS
       Nick Schermer <nick@xfce.org>
           開発者

       Benedikt Meurer <benny@xfce.org>
       Software developer, os-cillation, System development,
           開発者

NOTES
        1. Freedesktop.org
           http://freedesktop.org/



xfce4-terminal 0.6.1               01/01/2013                  XFCE4-TERMINAL(1)