xlsatoms

XLSATOMS(1)                  General Commands Manual                 XLSATOMS(1)



名前
       xlsatoms - サーバに定義された内部アトムを表示する

書式
       xlsatoms [-options ...]

説明
       xlsatoms はサーバの内部アトムを列挙する。デフォルトでは、(プロトコルで定義され
       た最も小さいアトム値である)1から始め、未知のアトムが現れるまで全てのア トムが表示される。 明示的に範囲を与えると、 xlsatoms
       は定義の有無にかかわらず範囲内 の全てのアトムを表示しようとする。

オプション
       -display dpy
               接続する X サーバを指定する。

       -format string
               このオプションは、各アトムの <value,name> の値の組を表示するため に使う printf
               形式の文字列を指定する。表示はvalue, name の順で行われる(value の型はunsigned long であり、
               name の型は char * である)。Xlsatoms は各行の最後に 改行文字を追加する。デフォルトの値は %ld\t%s
               である。

       -range [low]-[high]
               このオプションはチェックするアトムの値の範囲を指定する。low を指 定しなければ、1 を指定したものとして扱われる。high
               を指定しなけ れば、xlsatoms low 以降の最初の未定義アトムで終了する。

       -name string
               このオプションは、列挙するアトムの名前を指定する。そのアトムが存在しな い場合、標準エラー出力にメッセージが出力される。

関連項目
       X(7), Xserver(1), xprop(1)

環境変数
       DISPLAY 使用するデフォルトのホストとディスプレイを取得する。

著者
       Jim Fulton, MIT X Consortium




X Version 11                       Release 6.5                       XLSATOMS(1)